鉄道コム

2007/3/24  19:08

飛行機はいかが? YS−11  その他乗り物写真館
こんばんわ。

今日は天気もあまり良くないし何かどっと疲れているので、どこにも出掛けずに今後のために写真のスキャニングを行っておりました。それでも飽きてきたので、少し手を休めてブログを更新しようと思った次第です。

今回のテーマは飛行機です。ブログを始めて2ヶ月弱ですが、なかなか飛行機をアップする機会が無く、どうしようかと思っていたのですが、自分でも少し気分転換をしたくなったので、何となくアップしてみようかと・・・。

私は元々飛行機嫌いでした。今もできれば乗りたくありません。怖いんですよね、足が地面に着いていないのが。昔は鉄道に比べて航空運賃がべらぼうに高かったので、必然的に鉄道に乗るしかなかったのですが、その影響もあって遠くなら鉄道、コストや機材の量とかを考えて自動車といった選択肢が固定していきました。

こんな私が初めて飛行機に乗ったのは、平成11年7月、35歳になってからでした。仕事の参考にするため伊豆大島に行きたかったのですが、出張を組むことができなかったので、自費で家族連れで行くことになったのです。往路は飛行機が取れずに熱海から高速船で、帰路は飛行機となり、これがわが人生で初搭乗となった次第です。

このころ、大島便全便、三宅便全便及び八丈便1往復にYS−11が使用されていました。全国的にもYS−11が淘汰されつつあり、大島便は大島空港の拡張(滑走路の延長)をもって退役となることを友人から聞かされていました。そんな情報もあって、特に飛行機に乗りたかったわけではないのですが、記念になると思い一大決心がついたわけです。

話が長くなりました。人生わずか1回の撮影ですが、YS−11の勇姿をどうぞ。
撮影は、全て平成11年7月17日です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
以上4点は、滑走路から駐機場所までの移動シーンです。

クリックすると元のサイズで表示します
搭乗シーン。間近で見る機体とプロペラの大きさに圧倒されました。
(飛行機に乗るのが初めてなので、こんなに近くで見たことがありませんから、このくらいでも驚きました。。)

クリックすると元のサイズで表示します
これがプロペラです。(見りゃ分かります。)とにかく大きく感じました。

クリックすると元のサイズで表示します
機内シーン。スクリーンが無いので、救命胴衣の説明など、すべてスチュワーデス(今はキャビンアテンダントですか・・・)さんの実演です。

これをきっかけに、その後もわずかですが飛行機に乗る機会がありました。確かに、ジェットと比べると加速感など比べ物になりませんが、理屈抜きでYS−11に惚れました。でも、もう乗ることはできませんけど・・・。(あるところにはまだあるんですけどね。)
0

2008/10/10  22:52

投稿者:キハ181つばさ
宮オオ様
飛行機もいけるんですね。
私は飛行機嫌いです。落ちたら終わりですから(笑)。
必要があって初めて飛行機に乗って、乗るのは好きにはなれないですが、YS−11は心の底からカッコいいと思いました。飛行機って長持ちするんですね。
我家の上空も夜間にプロペラ機の飛ぶ音がします。もしYS−11だとすれば海上自衛隊機ですね。多分C−130型輸送機ではないかと思われるんですけど。あれの機内は死ぬほどうるさいです。

2008/10/10  17:12

投稿者:宮オオ
こんにちは、
今では事業用でしか見ることが出来なくなったYS−11だが、私が関西に住んでたころに旅行で三度ばかり搭乗したことがあります。
感じ的にいえば大人向けの辛口みたいなもので、よく揺れるし油臭いしそれに慣れてないと酔いやすいというじゃじゃ馬的なヒコーキでしたけど、わが国の高度経済期成長期の昭和3.40年代の香り溢れるものだったから=同じ頃に出た旧国鉄の優等列車用の車両のように=全ての面において私はこのヒコーキが好きでした。
ちなみに、私が搭乗したYSは日本エアコミューターので、JA8805.8776.8763ー搭乗順ーの3機です。
今でも大宮上空に航空局か自衛隊かは知らないけど、あの独特のサウンドを響かせてYSが飛来する度に、搭乗したときの思い出が甦ります。
それでは、このへんで失礼します。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ