鉄道コム

2008/4/15  2:45

戦前型 スハ32系客車 総集編  客車 列車・車両(ブルトレ以外)
え〜、こんばんニャ。

今日は京浜東北線の人身事故でヒドイ目に逢いました。25分の遅刻です。こういう時に限って仕事も忙しくて、1日中バタバタしてしまいました。ホント迷惑なヤツですな。

さて、今まで当ブログでは、ブルトレ以外に車両形式に拘って客車をアップしたことは無かったのですが、最近お越しいただいている『「ひばり」で上京』さんのリクエストにお応えして、旧型客車の中からスハ32系の写真をアップしてみようと思います。

スハ32系は、戦前に製造された本格的20m級大型客車です。その経歴、車種、旧形式番号や他車改造、さらにはGHQ(進駐軍)接収など、変遷を語ると1冊の本が出来てしまうほどのボリュームがありますので、今日は必要最低限の解説のみとさせていただきます。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年8月14日 東北本線 福島駅にて スハフ32


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年1月頃 東北本線 黒磯駅にて スハフ32

スハ32系の緩急車であるスハフ32。デッキ内側に洗面所、反対側デッキ内側に車掌室を設置しています。1ボックスに2枚の小窓が外観の最大の特徴です。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年1月頃 東北本線 黒磯駅にて スハフ32車内

上の写真の車両の車内。車端ドア部分の座席のみ肘掛けが付いていなく、座席幅も狭くなっています。非常に危険な座り心地の席で、絶対的に避けたいポジションでした。
この車両の日除けはカーテンではなく、木枠に鉄製?のヨロイ戸が組み込んだレトロなもの。確か、途中段では止まらず、上げるか下げるかだけだったような記憶があるのですが・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
撮影時期・場所不明 中間車 スハ33形

スハ32系に台車は基本的にTR23ですが、寝台客車オハネ17改造の際にTR23を供出・振り替えたためにゴツイTR47を履いた車両。
中間車のみが存在し、スハ32に対して番号を1つ足したスハ33の称号を与えられ区別されました。
主に東北地区で使用されていたようです。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和55年1月頃 東北本線 黒磯駅にて スハ33

こちらも中間車で、スハ32だと思っていたら、台車を見るとTR47を履いているため、スハ33と判りました。台車の違いのみであるため、外観はスハ32と何ら変わりません。


クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月 根室本線 釧路駅にて スハ32 233

私の所有する写真で唯一の北海道車。列車写真として写っているものはありますが、形式的に撮ったのはこの1枚のみです。
札幌圏から地方まで、幅広く分布していたようです。
客車構造は基本的に同一ですが、北海道仕様で二重窓になっていること、車軸発電機がベルト式ではなくギア式になっていることなどが内地向けと異なります。通常、客車では北海道仕様として500番代を名乗ることが一般的ですが、旧型客車では寝台車やグリーン車を除いては500番代に区別されていないことが多かったようです。

外観では判りませんが、東北・北陸地区の旧型客車は基本的に電気暖房対応であり、北海道や西日本及び東北のDL牽引区間では蒸気暖房対応となっております。
したがって、今日ご紹介いたしました1枚目から電気暖房対応の2000番代、最後の北海道用スハ32のみが0番代の蒸気暖房対応となっています。

私的にも幼少の頃から馴染みのある旧型客車は大好きで、古典的なスタイルであるスハ32系は特に好きな車両でした。
客車列車ともなると電気機関車を中心に撮影してしまうことが多くなってしまいますが、大好きな車両だからこそ、これだけでも個別に撮影してあったのだと思います。
3

2021/9/12  23:04

投稿者:キハ181つばさ
1613様
ご訪問ありがとうございます。
私は客車に関する資料はあまり持っていません。特に旧
型客車は時代と共に地域を動き回っていますし、荷物車
や事業用車などにも改造されていますので、どの時点で
捉えられるか?という難しさもあります。
詳しくは知りませんが、スハ32に関しては四国を除い
て全国区であったと思います。交流機に限って言えば、
ED70〜72・ED74〜78、EF70〜EF71
まで、すべてのカマが牽いていたと考えて良いと思いま
す。※ED74に関しては電気暖房ながら九州に転属と
なったが、蒸気暖房対応ができなかったため、ブルトレ
及び貨物列車しか牽引できなかった。
ご存知だとは思いますが、北陸及び関東〜東北は電気暖
房式、北海道や西日本は蒸気暖房式です。牽引機によっ
て使い分けが必要となります。
郵便荷物車に関しては質問の主旨が判らないのですが、
どんな車両が居たかということでしょうか?郵便車はと
もかく、荷物車に関してはバリエーションに加え個体差
が多過ぎるので、特定番号を配置資料や編成表から見つ
けるしかないと思います。私はそこまで追い求めること
はしていません。急行越前さんのブログでは、ピンポイ
ントですが詳しい資料を見ることができます。

2021/9/12  10:41

投稿者:1613
こんにちは!
東北本線 昭和55年の客車拝見しました! 旧型客車いいいですよね。
Nゲージをやっていまして 当時の旧客 の交流区間の牽引機関車が知りたいのですが特にスハ32を牽引してた機関車や郵便荷物の車両を知りたいと思ってますので
資料が有りましたら記載して戴けないでしょうか?

2008/11/17  22:19

投稿者:キハ181つばさ
419系武生方面福井行き様
気に入ったから・・・そりゃそうですね。
私も好き嫌いに理屈は無いと思います。感覚ですよ。
どんな芸能人が好きかって、顔のパーツとか事細かに分析して好きか嫌いか決める人は特殊じゃないですか?
オッパイフェチとかは具体的ですが・・・AV嬢くらいしか見たこと無いでしょ。

2008/11/17  20:29

投稿者:419系武生方面福井行き
こんばんは。人身事故ですか。私と同じですね。私が朝出勤する途中もJR京都線内で踏切無謀横断があり、最悪の一日でした。ま、それはさておきまして、本題に入ります。私の好きな客車といえば、日本海の24系客車ですかね。なぜかというといつも見ていて気にいったからです。

2008/5/9  0:14

投稿者:キハ181つばさ
ねむねむ様
詳しいコメントありがとうございます。
スハ32系の近代化改造についてですが、GMキットの説明にそのような記述が書かれていたような記憶があります。当方持ち合わせの詳しい資料には、具体的に近代化改造されたことに関して「本格的に整備されたものは少ない」としか述べられていないため、名言は避けさせていただきます。
臨時急行への充当についてですが、「ない」と言っている時代背景が昭和48年から50年代前半くらいのことですので、過去に遡れば当然にして使われていたと思います。ただ、この時代になるとナハ10系客車も東北本線では多数が運用されていたため、私が目にしたり写真に撮ったりという記憶はありませんでした。
如何せん、ポイント的な資料が無いので詳しいことは解からないのが実情です。
115系や415系は急行にも運用されていましたね。私も115系「なすの」に乗ってしまってがっかりした記憶があります。

2008/5/8  22:33

投稿者:ねむねむ
まず皆さんの疑問から
スハ32の青塗や近代化改装はあったのか?
一部にありました、TR11と交換したオハフ35に
車内塗りつぶし、青色塗装がありました。早くに廃車
されたので、記憶にない人が多いと思います。

臨時急行にスハ32は使われたか?
臨時夜行のばんだい等に東北方面の臨時急行に使用されています。
国鉄では、スハ43・オハ35は急行用、足りない
場合にはスハ32、どうしても無い場合にはオハ61
が使用されています。当時は113や115系の急行
までありましたので。オハ61は距離の短い海水浴臨の
急行に使われています。ちなみに戦前の特急燕の3等車は、スハ32、オハ35(昭和14年以降)を使用しています。

白熱灯ですが、スハ32の白熱灯はオハ35やオハ61
と異なり、丸みを帯びた三角山の白熱灯でした。
ちょっとモダンな感じでしたね。小金井公園のスハフ32に現物が残ってますので、観察できます。

2008/5/8  22:22

投稿者:?
スハ32ですが、私も好きな車でしたね。東北線
上野口にも来てました。
車端部の席が異なるのは、おそらく戦時中にロングシート化改造を受けて、戦後クロスシートに再改造された
為かもしれません。その証拠にフットレストの部分が
戦前の丸みを帯びたデザインから、そっけない終戦後の直線的なものになっている様に見えます。(戦後製オハ35と同じ)
ちなみに丸屋根スハ32もだいたいこんな感じで
違いがあります。、
昭和7〜9年   傾斜付き板張り椅子 現存せず
昭和10年    モケット張り 小金井公園保存
昭和11〜13年 内装簡略化  JR東日本保存
昭和14年以降の一部 溶接車体 九州で保存後解体、現存せず

2008/4/17  23:39

投稿者:キハ181つばさ
「ひばり」で上京様
このスハフ32の車内写真はリバーサル(スライド)で撮影してあったのでプリント化していなかったのですが、何となく撮った記憶がありました。「ひばり」で上京様のコメントがあってからスキャニングしたので、車内に1個だけヨロイ戸が落ちているのを見て「ヤッター!」と思いました。こうも上手く表現できている写真だとは思っていませんでしたから。
喜んでいただけて幸いです。
須賀川のディーゼルの件は気にしないで下さい。私も多分郡山駅での目撃ではないかと思っていました。
昔はヘッドマークの無い気動車急行はあまり興味を持っていなかったのですが、キハ53などローカル線用の車両が急行の先頭を飾るシーンは是非記録しておきたかったです。今となってはもう叶いませんが。

2008/4/17  9:49

投稿者:「ひばり」で上京
こんにちは。わざわざリクエストに応えていただいて有難うございました。「スハ32系」と言うんですね。遠い記憶の中にあったヨロイ戸が付いた客車、まさにこれです。ヨロイ戸が鮮明に写っている車内写真もあって大満足です。車内まで撮影されていたとは、恐れ入りました。最近の常磐線ネタも大変興味深く拝見しています。記事を読んで分かったことですが、実は私も喫煙者で下戸なんです。ホームの端にある喫煙所はよく利用しています。このごろは吸える場所が減って大変ですが、撮影頑張って下さい。それと、先日の私の投稿で、須賀川駅で会津方面行きの変な気動車を見たような気がする、と申し上げたのは、もしかしたら郡山駅あたりで見た「あがの」の記憶とごっちゃになっていたのかもしれません。あやふやな話で申し訳ありませんでした。そのうちまた何かリクエストさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

2008/4/16  22:57

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
毎度ぽちありがとうございます。
さすがに臨時急行ではスハ32系やオハ60系は充当しなかったようですね。寄せ集め臨時では茶色の客車も多用されましたが、オハ35系やスハ43系だったようです。
今となっては大井川鉄道くらいしか定期で走っているところは無いですからね。懐かしいし、寂しくなってしまいました。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ