鉄道コム

2007/3/29  0:23

ローカルな風景 第9回 (天北線:急行「天北」)  ローカルな風景
こんばんわ。

このところチョットご無沙汰の「ローカルな風景」シリーズをお届けいたします。
第9回は、今は廃止となってしまった、「天北線」です。

「天北線」は、宗谷本線「音威子府」からオホーツク海側にある「浜頓別」を経由して、宗谷本線の「南稚内」に再び合流する、北海道最北の路線の1つでした。
同線には、急行「天北」という優等列車がかなり古くから定期運転されていましたが、私が乗った普通列車での様子からすれば、長大な路線であるにも拘らず「ローカル」としか表現のしようのない路線でした。
同線は、ただローカルな路線というだけではなく、宗谷本線か天北線がどちらか不通になった場合でも、お互いに迂回ルートとして稚内と名寄・旭川・札幌のアクセスを確保できるという、重要な役割を持っていました。現実、私が昭和55年3月に初めて稚内に行ったとき、猛吹雪で丸24時間以上足止めを喰いましたが、この日(というか翌日なんですけど)の初列車として動いたのが急行「天北」で、宗谷本線経由として運転されました。おそらくこの逆パターンで、急行「宗谷」を天北線経由で運転したこともあったのだろうと思います。

私が同線に乗ったのは、昭和56年に興浜北線に乗るために一部区間に乗ったときと、ここにある写真を撮るために訪れただけの2回のみでした。

では、写真をご覧ください。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和56年3月14日 天北線 浜頓別駅にて
写真のキハ22は天北線ではなく、興浜北線の運用車輌です。この頃は既にキハ40系が導入されていましたが、標準色や首都圏色のキハ22などもまだまだ見ることができました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年6月25日 天北線 曲淵駅にて 時間調整中のキハ22首都圏色車

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年6月25日 天北線 曲淵駅を通過する上り急行「天北」
腕木式信号がローカルな雰囲気にピッタリですね。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年6月25日 天北線 小石〜曲淵間を行く下り急行「天北」
この時はヘッドライトを点灯していなかったのですが、私たち(2人)の存在に気付くと、機関士さんがヘッドライトを点灯してくれました。感謝の気持ちを込め手を振ると、機関士さんも窓から手を出して応えてくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年6月26日 天北線 芦野〜猿払を行く上り急行「天北」
撮影2日目。この日はレンタカーで移動しました。前日の徒歩に比べれば天国です。

クリックすると元のサイズで表示します
昭和63年6月26日 天北線 撮影地不詳
「北海道といえば牧場」というようなイメージがあったので、モーモーちゃんたちをいれてパチリ。実はココをレンタカーで走っていったら、ビックリした牛たちが怒涛の如く逃げて行ってしまい、落ち着くのを待つまで大変だったんです。モーモーちゃんたち、驚かせてゴメンネ!


この撮影の目的は、元々稚内方面の14系客車の急行運用がなくなるということで訪れたのですが、気動車化されてから以降はこの地域を訪れることはなく、結局そうしている間に「天北線」は廃止されてしまいました。
4

2010/2/7  18:08

投稿者:キハ181つばさ
水無月様
古い記事に訪問いただきありがとうございます。
私は運転士をしたことがありませんが、駅員をしていた時ですら、酔っ払いがホームでフラフラしていると非常に怖いんですよ。どんな動きをするか分かりません。そういう意味では、昔のように柵が整備されていない場所があったり、視界の範囲で線路を横断されたり、駅で線路側に身を乗り出したりするヤツが居たりするわけですから、運転士さんもヒヤヒヤで運転していると思います。ですから、こちらが安全なスタイルで行動していることが、運転士さんを安心させることが出来て、さらにはサービスをしてくれるような余裕を持ってもらえるんだ。そういう心掛けでいたいですね。
ちなみに、線路に近いところに見える道を赤いスターレットで友人が暴走したんですよ。だからモーモーちゃんたちがこちら側に寄っているんです(笑)。

2010/2/7  12:30

投稿者:水無月
こんにちは。
さまざまな思い出が詰まった天北線なんですね。不自然に?集まっているモーモーちゃん。そのエピソードには笑えました。
運転士さんがファンの気持ちに応えてくださったというのは素敵ですね。こちらも温かい気持ちになりました。
安全運転が前提ですから、やっぱりファンは期待してはいけないのですが、こういうのは本当に思い出に残りますよね。
会社や運転士さんによって意識は違うと思いますが、北海道は比較的応えてくれる運転士、機関士さんがまだ多いように思います。
去年、夏に北斗星を撮影した時に短く汽笛を鳴らしてくれたのは、とても嬉しかったです。石北貨物の機関士さんも結構合図を送ってくれるので、また行きたい!という気持ちにさせてくれるんですよね。

http://blog.goo.ne.jp/mamameron113/

2008/1/8  22:03

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
お店で頂いた地図を見て、天北線が先に出来ていたのには驚きました。
迂回路にしては、距離が長すぎて維持が持たないのでしょうね。

当時はローカル線に行ったら、シービー様の行いは極く普通のことでしたよね。私もやってましたし。
そんな写真がスライドのまま眠っていますので、電子化できたら大量にアップいたしますです。

2008/1/8  12:30

投稿者:シービー
自分も天北線に急行「天北」で乗った事がありました。
それと浜頓別で下車して、入場券購入、スタンプ、駅舎の撮影の儀式を行いましたね。
ただこれだけでしたが、浜頓別に行きました。
迂回路としての道は、採られなかったのは残念でした。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ