鉄道コム

2008/9/23  22:58

夏休み16発目 取り敢えず常磐緩行線でも・・・  写真撮影
こんばんわ。
昨日は今年最後の夏休みを取得しました。これで私の夏休みもとうとう終わりでござんす。
でも、今日は秋分の日で全国的に祝日です。もちろん私もお休みですので、やっとこさ晴れそうな雰囲気だし、できれば朝から「あけぼの」でも撮りに行こうかと策略中。果たして起きることができるでしょうか(笑)。

さて、昨日は検測車を追っ駆けるために常磐緩行線に出没したつばさです。武蔵野線に乗っていきなり205系京葉色の配給回送とすれ違ってガッカリしたのですが、これをバックして追っ駆けて、両方とも撮り逃したりしたら目も当てられませんので、ここは涙を呑んで目的地へ向かいます。

で、一連の撮影をアップすると結構な枚数になってしまいますし、今日も検測車の撮影の予定があるので、E491系関連はまとめてアップすることにしまして、暫く振りに撮影した常磐緩行線の写真をズラズラ並べて見たいと思います。
※撮影は、全て平成20年9月22日です。


クリックすると元のサイズで表示します
新松戸駅にて 203系 第52編成

まずは、乗り継ぎの新松戸駅にて。203系の2番編成です。1番編成は特殊な車号表示をしていますが、こちらは至って普通の黒文字であることを確認しました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
松戸駅にて 209系1000番代 第82編成

最初の目的地である松戸駅での1stショット。やってきたのは209系1000番代の2番編成です。何故か1番編成には当たらない・・・。


クリックすると元のサイズで表示します
松戸駅にて メトロ 6034 字幕車

209系と入れ違いで発車して行った6000系字幕車。貴重になりつつありますが、今日は2編成目撃。


クリックすると元のサイズで表示します
松戸駅にて メトロ 6017

こちらは一般的になってしまった姿の6000系。何故かコイツは行先表示が見えなかった。


クリックすると元のサイズで表示します
綾瀬駅にて メトロ 5951

またまたやってきました綾瀬駅。『今日も5000系かぁ〜。』と思ったのですが、前回来たときは5952だったので、相方の編成だったようです。ちょうどEF65牽引のコンテナ車が通ったので強引に画面に取り込んでみました。


クリックすると元のサイズで表示します
亀有駅にて 209系1000番代 第82編成

綾瀬駅はロケーションがどうにもならないので亀有駅へ移動、構図のチェック。209系82編成が折り返してきました。


クリックすると元のサイズで表示します
亀有駅にて メトロ 6018

待ち時間があり過ぎるので、喫煙所のある側で一服しながらの撮影。こちらも多勢タイプの6000系、ちゃんと表示が写っていますね。


クリックすると元のサイズで表示します
亀有駅にて 203系 第64編成

さらに暇つぶしの203系。やっぱり字幕車が良いねぇ〜。


クリックすると元のサイズで表示します
亀有駅にて 203系 第51編成

毎度おなじみの203系トップナンバーの編成です。一緒に居たお兄ちゃんテツの話だと、「我孫子駅で検測車を撮っていたら車庫からちょうど出てきたので、次に来ますよ。」と教えてくれた。『お、そりゃラッキー!』
ところでこのお兄ちゃん、若いのに礼儀正しいし、会話も丁寧。以前逢った神保原駅での大学生君もそうだが、捨てたもんじゃないね。こういうしっかりした若者たちには、頭の悪い先輩や世の中をナメテ生きている同世代のバ○を見習わないで頑張って欲しいな。

今日のご報告はここまで。ちょっと片手落ちな面々でしたが、本当の目的は他にありますので良しとしましょ。E491系はまた明日未明にアップ予定です。

鉄道ブログランキング ← ピ〜ンチは続く〜よ〜 ど〜こま〜で〜も〜♪ よろしくお願いします。

PS22B:お兄ちゃんの話だと、207系900番代は取手の車庫でお休み中だったそうな。そりゃ来るわけないわな。ジャン、ジャン♪
0

2008/9/24  0:23

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
203系は、201系までの103系に準じたスタイルからすれば斬新だったと言ってもよいのではないでしょうか?205系になってからまた元の印象に戻ってしまった感じですね。
それよりも驚くのは6000系ですよ。いまでも正面のスタイリングはそんなに古さを感じさせませんね。側面を見てしまうと、開放感の無い窓の大きさが地下鉄ありきの発想の時代の古さを感じますが。
しかし、こうした態度の悪いヤツはどの年代にも居るもんですが、親のしつけが関係してくるから隔世的に発生してくるんでしょうね。素直すぎても損をしたり、傷つけられたりすることがあるので、それが良いのか疑問を感じてしまうこともありますが、せめてバ○親と言われないように娘を育てようとは思っています。

2008/9/24  0:08

投稿者:金太郎
203系をはじめて見た時斬新なのか古臭いのか判断に迷いました。ちょうど昭和50年代後半の過渡期の車両なんでそう感じたのかもしれません。6000系は当時としては無表情な印象で、恋人よーーーを歌ってた方のイメージでしたね。

そうそう、礼儀や常識は年齢ではありませぬぞ。小学生でもラ行変格活用でも入れてやりたくなるクソガキも居ればしっかりした子もいます。いい大人それもアンタ人にものを聞く話し方?も居ます。そういう時は知っててもも知らぬ不利とか、ちょいと意地悪い対応しちゃうこともあります。

2008/9/23  14:17

投稿者:キハ181つばさ
line様
今日の朝方は中途半端に日が差したり隠れたり、でも何も来てくれないのではお話になりませんね。
私はどちらかと言うと年下の方が話をしているかもしれません。昔から年上の人からの方が好かれてたみたいですが、趣味のシチュエーションではちょっと違うみたいですね。
笑顔でいた方が話しかけられやすいとは思いますが、ホームの端でヘラヘラしながら写真を撮っていたら、ある意味気持ち悪いので近付きたくないですね。

2008/9/23  14:11

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
安中貨物の通過時間が分からなかったので、松戸駅でホーム移動中に通過されて撮れませんでした。
挨拶すると言うところでは、かえって若い子達の方が積極的かもしれません。つるんでわいわいやっているようなヤツらは別ですが、むしろ20代前半くらいの子の方が礼儀正しいかも。昨日もこちらが挨拶する前にされちゃいましたから。

2008/9/23  12:21

投稿者:line
折角の4連休でも天気には恵まれませんでしたね。
今日も朝方は晴れてましたが、今はどんよりです。
やっぱり風体から話しかけやすい人と、ちょっと厳しいかなと思う人がいるのでしょう。私の場合は若年者からは厳しい部類かも知れませんな。
飲み屋では大丈夫なんですがね。

2008/9/23  11:38

投稿者:シービー
この車両は我孫子でも見ましたし撮りました。
先日、桜木町で撮っていたら若者が、こんちは〜と挨拶、こちらも返して。これだけの会話ですが、これだけでもお互いの気分は良いですからね。
勝田で湊線の車両を撮っている時、カメラを構えていたら小学生が立ち止まって被写体の中に入らないようにしてくれました。その時には、その子に「ありがとう」と。こういった言葉をかけることも大事でしょうね。
私は安中貨物の頃から我孫子にいました。ホーム撮りですから機関車しか写ってませんが(笑)

事務所からのポチで〜す。

2008/9/23  8:48

投稿者:キハ181つばさ
舞様
おっしゃるように、両極端な感じはありますね。でも、これは趣味界だけでなく、何処でも同じじゃないでしょうか。話をしたい人と話しかけられたくない人。亀有駅では感じの良い青年でしたが、次の金町に居た別々の2人はお互いに距離を取って一言もしゃべらないし、私が近づいていっても見向きもしませんでした。
私は人も食べ物も結構好き嫌いが多いので、感じや雰囲気が悪い場合は一言もしゃべりません。

2008/9/23  8:44

投稿者:キハ181つばさ
swallow angel様
何をおっしゃいますか、良い息子さんじゃありませんか。
一概に年齢で言えるもんでもありませんが、もうチョット上ですかね。口の利き方も知らない世代。
そのお話の輩は私の言った話にそのまま該当しそうですね。世の中と2ちゃんねるを区別できない大バ○なヤツです。あまり過ぎると脳内にコンピュータウィルスが蔓延しちゃうんでしょうね。機械と違って、人間の再起動は○ぬしかありませんから

2008/9/23  7:22

投稿者:舞
仲間と思うと極端になれなれしい人もいるし、敵意むき出しになる人もいるし。そんな中ですてきな人に出会えるのも「同じ趣味」という最大の共通点があればこそですよね。「すてきな仲間」が増えますように。

2008/9/23  7:07

投稿者:swallow angel
同世代のバ○息子を持つ親父です。
先日、京葉線でダイヤ情報読んでると、撮り鉄の若者が「わくわく舞浜の西船発何分よ?」と聞いてきました。「何分よ?何分ですか?だろ?人に物を聞く態度かよ」と言ってやりましたが、こいつらのことでしょうかね。
一方、小学生くらいでもとても礼儀正しい子もいて、将来社会に出た時にこいつらの人生には差がついてるんだろうな〜と勝手に納得しました。
207系と06系は遭遇できずですか、一度集中的に張り付いて見たいもんですね。
朝ポチっす

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ