鉄道コム

2008/9/29  1:31

函館本線 山線 DD51牽引 旧型客車  国鉄・JR機関車(ディーゼル)
こんばんわ。
また忙しい1週間の始まりです。今年のこの時期、例年に比べて格段に忙しいので、休んでも疲れが取れた感じがしません。むしろまた1週間?と考えるだけでもう疲れた感じがします。

さて、このところ新着ネタが乏しく、首都圏ネタも続きましたので、今日は思いっきり北に飛んで北海道のローカルな風景をお届けしようと思います。

時は昭和58年9月、人生で3度目の北海道への渡道です。高校時代に2回行っていますが、2回とも春休みだったので北海道で言えば真冬です。したがって、雪の無い時期の北海道は初めてであり、函館本線の山線に着地したのも初めてでした。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
いずれも昭和58年9月6日 函館本線 小沢〜倶知安間にて

最後のキハ82系を収めるべく出掛けた北海道撮影行でした。
既に国鉄に入社しており、長期の休暇は取れないため3泊4日の強行軍で、大沼周辺、この倶知安と、帰りがけに南部縦貫鉄道に寄っています。

当時は同行した友人と共に自動車の免許を持っていなかったので、徒歩テツしか手段がありません。倶知安から小沢までの鉄道距離10km強を、線路沿いに道の無いところを迂回しながらほぼ1日掛けて踏破しています。
何せ良い撮影ポイントを探しても列車が来ないのですから、時間が掛かるなんてモンじゃありません。

この区間の目的は特急「北海」でしたが、撮影できるのはキハ82系と183系の片道づつの2本だけ。あとはご覧のようなローカル列車のみです。

本線といえども直通客の殆どいない山線では、長距離普通列車もせいぜい3両編成です。ただ、郵便・荷物の輸送使命が大きく、必ず荷物車又は郵便車が連結されています。北海道の幹線では、どこもこのスタイルのローカル列車が走っていました。

当時は珍しくも無いDD51+旧客の編成ですが、今となってはよだれモンの光景ですね。
悲しいことといえばこの天気。東京を出てから帰って来るまで、1度たりとも止むことはありませんでした(泣)。

このとき、未だ発売間もないウォークマンなんて買えない私は、携帯用のテープレコーダーを持って、音楽を掛けながら雨止まぬ国道5号線を歩いていました。
スピーカーから流れる太田裕美の「九月の雨」が、上がらないテンションに追い討ちを掛けるように響きました。

鉄道ブログランキング ← 同情するならポチをくれ!by家なき子
0

2008/9/30  0:16

投稿者:キハ181つばさ
舞様
車の免許を持っていない頃は、10〜20kgぐらいの機材を持って歩くのは当たり前でした。10kmくらいの駅間は手頃な方ですね。15kmあると歩き終わる前に日が暮れてしまうことがあります。
21歳のときに運転免許を取ったのですが、クルマに馴れてしまうと無理をしなくなってしまいましたね。そんなバイタリティの無さが中年太り=メタボを生み出すんでしょうな、ハッハッハ・・・orz.

2008/9/30  0:11

投稿者:キハ181つばさ
シービー様
北海道はそんなに頻繁に行けるところじゃありませんし、乗り鉄、入場券とローカル線を追っていれば、途中で降りて撮るというのは至難の業ですよね。
夜行で札幌に到着すると殆どの特急列車を撮影することが出来ましたから、それで満足してしまったのではないでしょうか?私も1年目の反省を込めて、2度目の時は撮り鉄を実行してきました。
結果的には乗り損なったローカル線が多数あり、そちらも悔しかったですね。

2008/9/30  0:07

投稿者:キハ181つばさ
line様
やはりこの区間は「ニセコ」「北海」の廃止と共にデッド区間になってしまいましたね。未だこの頃はご覧のような客レもありましたし、「ニセコ」「北海」が健在でしたから、本数が少ないなりにも貴重な記録が残りました。
悔しいのはこの天気ですよね。645を2台もって撮影に挑んだのですが、マミヤのレンズは曇天や雨だと極端にコントラストが下がるんです。おまけにネガがハズレだったようで、恐ろしいほどおかしな発色になってしまいました。

2008/9/30  0:02

投稿者:キハ181つばさ
水無月様
やめてぇ〜、水無月さんのようなお方がよだれなんて・・・イメージ崩れちゃうからお願いだからそんなこと言わないでぇ〜。
久々の北海道ネタでお待たせしちゃいました。冬物がどうしても多いモンで、季節が来たら怒涛のアップしちゃいますんで。ネタ沢山用意してありますよ。
雪の無い季節は熊さんが怖いですね。実は音楽鳴らしながら歩いていたのはそんな意味も有ったんです。
「北斗星」の山線も迫力あったでしょうね。このときは14系でしたが、急行「ニセコ」も撮影しています。ご面倒でなければ左横の検索バーから「ニセコ」で引いてみてください。急行「ニセコ」とC623がお出迎えしてくれると思います。
天気が良かったら、おそらくこのアングルでは撮っていなかったでしょうね。羊蹄山は思いっきり画面左側なので、そちらの角度へ移動していったことでしょう。

2008/9/29  23:53

投稿者:キハ181つばさ
金太郎様
早朝のご出勤お疲れ様です。朝から良い調子ですね(笑)。
この頃はもう旧客も本当の末期でしたね。岩見沢や宗谷本線には51系が台頭していたのではないですかね。もう、62系なんて無いと思いますよ。
何かですね、音楽が流れる中をしょぼくれて歩いていた記憶はあるのですが、寒かったかとか、道路にどんだけクルマがいたとか、全く記憶が無いんです。
途中、場所によって線路を歩いていた記憶はありますけど。
ま、天気が悪いのは良いことじゃないですね。写りも悪くなっちゃうし。毎度ポチあり!

2008/9/29  23:15

投稿者:舞
10km徒歩で・・・!すごいですねぇ、それも撮影の機材を持ってでしょう?
前に天野尚さんの写真展に行った時、佐渡の原生林をものすごい装備で歩き回ってる超人と思いましたが、つばささんも負けないぐらいですねー!

http://ameblo.jp/mai-0311/

2008/9/29  23:03

投稿者:シービー
道内では、ほとんど走行写真は撮ってなかったでした。
駅撮りがメインと入場券、スタンプ収集に力を入れてましたから。
山線は、車内からの景色を楽しんでましたね。
この時は雨にたたられた旅行だったのですね。
今日はSで〜す。

2008/9/29  21:04

投稿者:line
山線は通ったことは数回ありますが、撮影となるとC623復活時に行っただけですね。
この後に蒸気走行があっただけに、ロケハンもばっちりだったのではないでしょうか。もう客車ニセコは廃止されてた頃なんですかね。

2008/9/29  17:57

投稿者:水無月
こんにちは。

本当によだれが出そうなくらい、貴重な光景ですね!
今となっては山線は優等列車は走らなくなり、賑わいを見せるのは唯一、
9〜11月上旬の土、休日のみ運転される、SLニセコ号の時くらいでしょうか。
有珠山が噴火した時は、山線まわりで寝台特急も運転されたとか・・・。
倶知安〜小沢を徒歩で行かれたとのこと・・・。熊さんに出会わなくて良かったですね。^^;
雨で蝦夷富士といわれる羊蹄山を見られなかったのも、残念でしたね。
でも私には、とても印象深い旅をなさったのだなーと、とても羨ましく感じます。

http://blog.goo.ne.jp/mamameron113/

2008/9/29  5:31

投稿者:金太郎
グーテンモルゲンだす〜〜〜。SEPTEMBER RAIN RAIN〜9月の雨は冷たくて〜・・・。あの歌切なくなりますよね。雨の夜乗務してて車内が寂しくなってくると浮かんじゃいますね。9月と言えども雨の山中結構寒かったのでは?お連れさんがいれば退屈しないですね。短い編成にお湯←アホ!! じゃ無かったオユ10+スユニ+スハ45系×3、オハ62系じゃなくてすでに元急行用の青塗りなんですね。しかし朝からいいものをありがとうごぜー増田。今日ニヤニヤよだれが出そうですな。じゅるじゅるじゅる〜。
このあたりの5号線は判らないですが交通量もそれなりだったんじゃないですか?
長期休暇取れないのはワタクシも同じです。トホホです。朝飯しながら同情の3連発してます。
そういや今日も9月の雨になりそう。やだなー。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ