2018/9/24

中秋の名月は  

神戸市北区、永代供養とペット供養のお寺永徳寺普門の郷です。

名月をめでる習慣は平安時代に中国から伝わったと言われています。丁度芋の季節でその収穫をお供えしたので芋名月とも言われています。
俳句の季語の衣被(きぬかつぎ)は丁度この時期で里芋を皮のままゆでて皮をむいて塩で食べるそうです。シンプルだけど美味しいよね。いかにも俳句してますって感じですがテレビからの受け売りです。
先日湯がいた里芋をつぶして玉葱だけ入れてコロッケしたけど好評でした。

名月は望めますか?二日前はとっても透き通って美しかったです。

コンビニでお月見饅頭を買ってきてお供えしました。みとも一緒にと思って側に連れて来たら一瞬でパクリ・・・ピンクのウサギさんを食べられました。丁度3時、おやつにはもってこいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今日は一日ほとんど陽が無くて久しぶりに草引きしました。今年の夏の清掃日は雨で適当な作業だったから庭は草だらけです。みとも一緒にしたらバッタは食べるは蜘蛛は食べるは、ハンター気分をもろに出していました。今日は糖分もたんぱく質も十分補給しています。

クリックすると元のサイズで表示します

今も玄関を開けてって吠えています。よほど美味しかったのですね、外の月見饅頭にもう一度行きたい様です・・・セブンイレブンでどうぞ。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ