MY Favorite Things

私の好きな物やイベントや考え方など
 季節や時に応じて ご紹介しますね。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光代
sidewinderさま
手がかかるというのは 結局の所、心配りの細やかさだと思うのです。
ゴルフからセリカに乗り換えた時、余りにも親切な設計でびっくりしました。
ああ、だから売れているんだなと思いました。
きっと、そのような文化の無い国の人々にとって、嬉しい驚きだったのだと思います。

そういうものを作りたいなあ〜。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
手のかかるもの

それを作るのが日本人の得意とする技

だから、それを世界に売れば良いのです。
投稿者:光代
sidewinderさま
「日本国内で生産することにより、格段に高い品質の製品が製造でき、価格競争をしなくて済む差別化された製品が作れる」
我が社もそれを目指しています。

展示会等に出すと 当然誰でもが推測する国々の日とだけではなく、白人系の人も 最後の日には日本人までが撮影しては行けないのに、手に取って、細部にわたって、カメラに収めて行かれました。

腹立たしかったのですが、「ここまで丁寧な仕上げが出来るのなら、やってみてください。儲かりませんよ〜〜!」と思いました。
そういう人達は 「もうけ」が大切なので、我が社のような手のかかるものをあの価格では作りません。

社長以下、低賃金ですが、細々と楽しく生きています。 


http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
たとえ賃金が多少低くても、国内の雇用が増えるということは、マクロの目で見るとGDPが増えることになりますね。
 すると、GHPも増えることになる(^O^)
中国や社会主義国、共産国、独裁政治に近い国はたとえ賃金が低くとも、不安定要素が多く、また技術面にも不安があり、ハイテク製品を作る場所としてはあまり向いていないような気がします。
 日本国内で生産することにより、格段に高い品質の製品が製造でき、価格競争をしなくて済む差別化された製品が作れるはずです。
投稿者:光代
sidewinderさま
そうなのですか?
ほほ〜〜!

でも、今度はその海外と価格競争するために 雇われている人の賃金が海外並みになるのかしら???
それでも、やはり、自国で自国の人を雇うと言う事をした方が良いですよね。


http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
日本の液晶ディスプレイ製造会社も、中国から引き上げを開始し始めているようです。
 今まで中国にあった最終組立工場を日本に移すということです(^O^)\(^^@)/
投稿者:光代
relaxさま
おっしゃる通りだと思います!!

単年度や四半期の終始しか考えないと、文化やモラルを育てるということができません。
その結果がこれでしょうね。
単年度や四半期の終始しか考えないというのは、株主への説明のためですよね。
株主が許さないのでしょう。
株主は短期間で利益を得たいですもんね。

最近、資本主義に何らかの歯止めと言うか モラルが必要だなあと思います。でないと、本当に世界という単位で破滅ですよね〜。心配だなあ。。。
金儲け主義って感じの響きに思えて来ました。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:relax
お久しぶりです。
自分のブログにも書いたし、メルマガにも書きましたが、「グローバル企業」って自社の利益のためなら何をやってもいい、って思っていますよね、明らかに。
単年度、もっというと四半期の収支しか頭にないのでしょう。
農業や第一次産業まで無茶苦茶にしちゃっても、自分が生きているうちだけ大丈夫ならいい、ってことなんでしょうね。
暗澹たる気持ちになりますね。
投稿者:光代
sidewinder様
「日本国民から働く場所を奪っている。」
ブログに書きました通り、その状況が起きているのを 目の当たりにしました。まさかここまで深刻だと思いませんでした。

昔、父は良く 「商道徳」と言う言葉を使っていましたが、もうどこにもそんな言葉は残っていません。それが自由経済のようです。
自国民を犠牲にしても やはり自社がのびると言う事が必要なようです。大きな会社は その路線を外すと、生き残れないと思うのでしょうね。
こんな時こそ、知恵の出しどころだと思うのですが・・・・・。


アメリカのように「高くても良いから時刻の製品を買う」と言う人は見当たりませんね。個人単位では居るでしょうけれど、それを感じる事がありません。
寂しく悲しく辛い日々がやってきそうです。


http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
今、アメリカの産業(製造部門)が国内回帰し始めたようです。
 その理由「高くてもいいからアメリカ製品を買う」という消費者の声と生産管理の難しさ+コスト上昇、それと国内の働く場所確保が理由のようです。

 日本は今、食料、電気製品、その他諸々を労働賃金の安い海外に生産拠点を移し、運搬費をかけて、日本に運んでいる。
 そして、日本国民から働く場所を奪っている。
日本の企業もそろそろ日本回帰を考えても良い頃だと思う。
 安心、安全、高品質、かつ丈夫。
をうたい文句にしてきた、Made In Japan
の復活が日本経済復活の力になるはず。
TPPは加盟しないと、孤立化し、大東亜戦争直前の日本と同じ状態になり、経団連加盟の商社・企業がまた戦争を焚付るようになる。
1|2

レールシェルフのご紹介

私たちの会社で 今一番見て頂きたいものはレールシェルフ。

四万十ヒノキ


アルミ


ガラス
http://q-ho.com/

建築家・インテリア関係の方・内装業者さん・小売りのショップさんなど プロの皆様。
様々な特注も致します。
お問い合わせはこちらまで!

新製品

久宝の社長が3Dプリンターを作ってしまいました!!            「Qholia」です。 ここに至る七転八倒物語りもありますよ。 「週刊? 3Dプリンター活用記録」      

イベント案内

♬〜♪ ライブ案内 ♬〜♪

戻ってまいりました。 あちらでは全く歌の練習も、ボイストレーニングもできませんでしたけれど、海外の空気を吸ってきたことがまた、私の歌を変えてくれているのじゃなかろうかと甘い期待をしているところです。

そして、長年、ライブをしたいと思い続けていたピアニスト 竹下清志さんとのライブを実現することができることになりました。
竹下さんのピアノから生まれる音は、私をワクワク❤️、させてくれます。目の前に景色が広がって、その中でゆったり遊んでいたくなるのです。

時:12月10日(火曜日)19:30 / 21:00 
所:サロン・ドゥ・アヴェンヌ 淀屋橋駅・大江橋駅から北に10分弱。
チャージ:4000円(1ドリンク付き)
pianoは竹下清志さんです。



大好評の放出 みたまり酒店でのライブです。

日時が変わりました。気をつけて!
時:2月1日(土曜日)15:00〜2ステージ
所:放出 みたまり酒店
ギター:塩本彰
美味しいワイン(もちろんソフトドリンクもオッケー)とスペシャルプレートがついて音楽チャージ込みで3000円です。当日はワインもスペシャルプライスで提供されます。是非いろいろ味わってみてください。。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

過去ログ

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ