MY Favorite Things

私の好きな物やイベントや考え方など
 季節や時に応じて ご紹介しますね。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光代
Jobimさま
名簿に男女の欄がないというのは良いですね。

それで思い出しました、中学のときの事。
男女の制服の違いは有りましたが、名簿が完全にあいうえお順だったのです。
それで、その順に席を振り分けられた時に男子に挟まれたのですが、一緒にお弁当を食べたりして楽しかった。
男女の区別が悪いと思いませんが、一緒に交わる良さを損なわないようにと思います。

それ以上に、一人一人を 枠にはめないでみる社会に育って行って欲しいと思いました。


Jobimさんの体験を また詳しく教えてください。
これからも どのように変わっていくか、変わったか、教えてくださいね。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:Jobim
僕が教えているK学院では、受講者名簿に男女を示す欄がありません。最初は 「なぜかな?」 と思っていたのですが、最近は 「そういうことか」 と納得するようになりました。

なお、K大学の受講者名簿には男女を示す欄があります。
そのうちいつか、なくなるかもしれませんね。
投稿者:光代
sidewinder様
いつも丁寧なコメント、ありがとうございます。

さて、RGBTに関しては 余りにも実情を知らないのでキチンとお答え出来ませんが、精神面という事だけでは片付かないという風に思います。
男女別の境目も そんなにくっきりしていないんだなあという認識です。
なので男女の区別についても お風呂の件は受け手としてはおっしゃる通りですけれども、じゃあ、その方々がどちらに入りたいかは 分かりませんものね。難しいなあと思います。
・・・・と考えると昔の日本人はおおらかですね、混浴も有ったのですものね。三助は男性だし。

おっしゃる通り、差別はいけないというのが一番大切ですね。
色々な選択肢があって、適正を見てもらうチャンスは 皆に開かれていないと行けませんものね。


・・・・と色々考えると、やっぱり、男女とか諸々の枠組で人を見るんじゃなくて、それぞれの人をキチンと見る事が大切なのだと思います。
そして、「みんな違ってみんな良い」という事を常に忘れない事も。
それかないと本当の意味での差別もなくなって行かないと思っています。



http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
私が思うに、生物学的に考えると、動物(ホモサピエンスも含む)の世界では、♂と♀に分かられているのが通常ですが、時々下等と言われている動物には時々♀♂同体があります。植物の世界にでは、♂♀同体がほとんどで、古い形態の植物には♂♀別体があります。しかし精神面で♂が♀に変わったり、♀が♂に変わることはないのです、時々遺伝子のいたずらでホモサピエンスにも♂♀同体が出現しますが、その場合生殖機能は有していないことが多いのです。
それを基準に考えると、RGBTというのはあくまで精神面のことであり、整形等で形態を変えたとしても、あくまで偽物、すなわち、「あるがまま」ではなくなってしまうのです。
 あるがまま(♂♀別体)を受け入れられないRGBTの人たち、もしかすると、alienなのかもしれません。

そしてRGBTを受け入れる受け入れないを論争するのではなく、差別をしないことが大事だと思います。

ただ、いまもって、人間社会では、職業において、性差別がまかり通ってます。
 日本では、一部の男性、女性以外は、男は「女だから」、女も「女だから」と未だに言います。
 男女同権のアメリカでさえ、一部そう言う風潮が残っていることも確かです。
 「女だから」という言葉が使われる原因は精神構造上の問題なのかもしれません。

私は男女差別はいけないと思いますが、いろいろな面(特に法律面)で男女区別は必要だと思っています。もちろんRGBTも区別されるべきだと思っています。

ひとつ考えてみてください

もし温泉や銭湯に行ったときGBTの男が「私は女」といって貴女が入っている風呂に入ってきたらいかがでしょう・・・

区別は必要と思いませんか?

レールシェルフのご紹介

私たちの会社で 今一番見て頂きたいものはレールシェルフ。

四万十ヒノキ


アルミ


ガラス
http://q-ho.com/

建築家・インテリア関係の方・内装業者さん・小売りのショップさんなど プロの皆様。
様々な特注も致します。
お問い合わせはこちらまで!

新製品

久宝の社長が3Dプリンターを作ってしまいました!!            「Qholia」です。 ここに至る七転八倒物語りもありますよ。 「週刊? 3Dプリンター活用記録」      

イベント案内

♬〜♪ ライブ案内 ♬〜♪


piano: Josh Nelson
bass: Alex Bonehan
drams: Dan Schnelle



無事に終わりました。 そして素晴らしい経験になりました。 いろんな風に褒めてもらって、心から歌ってきてよかったと思いましたし、元気でいたいと思いました❤️ これをまた新しいスタートラインにしなくちゃね・・・っと思っているところです。

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

過去ログ

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ