MY Favorite Things

私の好きな物やイベントや考え方など
 季節や時に応じて ご紹介しますね。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光代
sidewinderさま
申し訳ないのですが、今回に限っては 私が問題としている事と、論点がずっとズレています。
だから、色々考えたのですが、下記に頂いたコメントにも「私はそう思いません」と言う言い方しか思いつけません。ごめんなさい。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
今朝の紙面に今回の法案が載っております。
お読みになっていただけましたか?

国会法では多数決の理論で物事を進めるという決まりになっております。
これは憲法56条で規定されている決まりなのです。
投稿者:光代
sidewinderさま
これは 憲法違反と言われていますし、デモ隊ではない人達も沢山の人が反対するないしは、もっと説明が欲しいと言っています。
つまり、数の論理で未だ通しては行けないと考えます。

皆が納得するなら憲法をキチンと変えたら良いのです。
そして、大臣すら、いつどのよう等kに武力行使ができるか答えられないようなら、何かあった時に即効力がないか、突っ走ってしまうかのどちらかです。

今でなくて良いのです。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
 人間は一人で生きているわけではないことは、お解りになると思います。
 ひとりひとりの考えも千差万別なのもお分かりいただけると思います。
 賛成するもの、反対するものの行動も違うこともお分かりいただけると思います。
1 賛成する者は、大騒ぎをしないで、静観している。
2 反対する者は、それをあからさまに表に出し、示威行動を起こす。
というパターンがあるのです。
 第一次安保、第二次安保、全て野党や当時の共産党系社会党系の下部組織による扇動でデモが行われました。
 その後、その組織は、俗に言う過激派に発展していった訳です。
 今回の若者たちは、多分その下部組織の指導で動いている可能性が、大きいと思います。
 彼らの手法を見ていると数十年前の下部組織の示威行動そのままですので。
 
 国会前に集まった若者やそれに賛同した成人たち、彼らの意見も大事なことは確かです。
 自民党内でも賛否両論があることは明らかです。

ただ、この集団的自衛権においては、国際社会における義務と考えても、あながち間違いではないように思えるのです。
 私がいつも言いますが、日本が永世中立国であるのなら別ですが、国際連合の一員としているのならば、それは敢えて受け入れるべきなのです。
 日本が鎖国状態ならば、我一人、我が道を行くでも良いでしょう。
 しかし資源は海外頼り、食料の大半も海外頼みという実情を考えた場合、日本の我が儘で、世界から見放される可能性もあるのです。
 私は、元々自衛隊の存在事態が違憲であることも以前から言っております。
 合憲にすべく、憲法を改正し、自衛権、連合諸国との集団的自衛権もきちんと明記するべきなのです。
 反対派は代理戦争になると言いますが、それは間違いで、アメリカ軍がいて、初めて自衛隊もいるという構図なのですから。
投稿者:光代
sidewinderさま
この一連の「騒動」を それでも正しいという人達の、一番冷静で論理的なご意見を頂いたと思います。

でも、ダメです。
国会の外で 沢山の国民が納得していないのです。
このような重要法案ですし、やはり憲法に違反しています。
「アメリカが」「骨抜きにするために」作らせたのだとしても、
「現実に合わなくなっている」としても、ここで踏みとどまって、もう一度議論を尽くすという方法があるのです。
本当に国民が納得すれば憲法は変えられるのですから。

sidewinderさんのご意見が 正しくて論理的で誰でも理解出来るなら、ここで踏みとどまって キチンとした理解を得ようと言う動きをした方が良かったはずです。
揺るがないものであるなら、むしろ、沢山の国民が理解し、本当に現実に即した憲法に作り直して納得した上でこの法案を可決出来たはずです。

手続きの話ではありません。
国民のためと言いつつ、外でこんなに沢山の国民が反対しているのに、理解出来ていないのに、採決に無理矢理持って行ったのです。
だって、議員自身が理解出来ていなくて答弁が二転三転しているような事なのですよ。

これは 歴史に残る暴挙です。
そして、私には民主主義や立憲主義を放棄した恥ずかしい歴史に成ると思えます。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
諸外国から見ると、今の日本人はエゴの塊に見えるかもしれません。
 日本の平和は、今までアメリカが守ってきた、それなのに、日本人はアメリカが困っても助けに行くのを拒む国民だ。
と思われているフシがあります。
 それ故、国連での立ち位置が弱いのです
国際連合安全保障理事会の常任理事国は、アメリカイギリス、フランス、中国、ロシアで、俗に言う第二次世界大戦戦勝国=連合国
日本がいくら金を積んでも、痛みを伴わなければ連合国の一員として、信用されないと思います。

日本が永世中立国になれば別の話ですが。
投稿者:光代
sidewinderさま
今回の件で面白く思いましたのは、国による違いを感じた事です。

特にヨーロッパ等では 常に国が変わり国境が変わりますから、憲法も気軽に変えられるもの・・・・と言う認識の所が多いみたいですね。

でも、日本は最近は結構安定したムラ社会です。
お上は正しく 私達を守ってくれる・・・と根拠が無くても信じていた社会です。
だから、国民は お上=国を信じて お任せして来ていました。
でも、日本はグローバルに流れて行き 色々な事が見えてきましたね。


憲法がどのようにしてできたか・・・つまり、アメリカに与えられたかどうか・・・・は 私は興味がありません。
それが良いかどうかにしか 興味がありません。


あの震災以来いろんな事が見えてきました。
そして、私は 自分がとても 日本を愛している事に気づきました。
だから、諦める事ができません。

あの、穏やかで、外国から見たら曖昧な(実はフレキシブルに 自分をは違う文化を受け入れる)日本の知恵が とても良いと思うようになりました。
その視点で見ていると、今回の法案に賛成している人達は 目の前の事象に目がくらんでいて 本当には日本を愛していないように思えるのです。

あの穏やかな素晴らしい文化を 私は諦める訳には行きません。

http://red.ap.teacup.com/mitsuyo/
投稿者:sidewinder
国民がいて国がある。
国があって国民がいる。

鶏と卵のような関係ですが。

 人は隣人などがいて、コミュニケーションをとることが人としての価値があるのだと思う。

では、国の存在価値は?
日本のような自由社会では、国民が自由に言論を言い、自由に勉学に励み、自分で選んだ職業に就き、人の迷惑にならなければ、何をしても自由、そして人としての最低限の生活ができるようにする。(幸福かどうかは別として)ことが国としての責務。
その代わり、国民は勤労し、税を払い、子供に教育をする義務を負っているのです。
日本国憲法に書いてあるとおりです。

で、日本国憲法は、アメリカ(連合国)が日本に二度と侵略戦争を起こさないように骨抜きにするために作たせたものなのですが、朝鮮戦争が始まると、それではいけないと、憲法違反であることを知りならら、保安隊〜警察予備隊を作り、海外からの驚異を自らの力で振り払えるよう、自衛隊に発展させました。
 アメリは、日本が憲法を改正する(自衛隊の合憲化)と思っていたようで、まさか戦後70年を経てもそのままであることにびっくりしているようです。

今回強行採決と言われていますが、国会法では審議過程が決められており、(もちろん各党が持ち寄った質疑応答で作られた台本によって演じる茶番劇)その過程が全て終わった段階で、採決に入るよう定められているのです。
 もし、その過程を省いたり、野党に出席を求めないで採決すれば、本当の強行採決になるでしょう。
野党国会議員が、委員長の入室を力で妨害したりする方が、若者に「自分が気に食わなかったら、どんな手段をとっても良い」という印象を与えてしまったように感じます。
 巷でこのような行為を行えば、威力業務妨害になりますものね。

レールシェルフのご紹介

私たちの会社で 今一番見て頂きたいものはレールシェルフ。

四万十ヒノキ


アルミ


ガラス
http://q-ho.com/

建築家・インテリア関係の方・内装業者さん・小売りのショップさんなど プロの皆様。
様々な特注も致します。
お問い合わせはこちらまで!

新製品

久宝の社長が3Dプリンターを作ってしまいました!!            「Qholia」です。 ここに至る七転八倒物語りもありますよ。 「週刊? 3Dプリンター活用記録」      

イベント案内

♬〜♪ ライブ案内 ♬〜♪


大好評の放出 みたまり酒店でのライブです。

日時が変わりました。気をつけて!
時:2月1日(土曜日)15:00〜2ステージ
所:放出 みたまり酒店
ギター:塩本彰

美味しいワイン(もちろんソフトドリンクもオッケー)とスペシャルプレートがついて音楽チャージ込みで3000円です。当日はワインもスペシャルプライスで提供されます。是非いろいろ味わってみてください。。


フィリップさん
とのライブが決まりました。いずみホールでのソロの演奏を聴きにいきましたが、彼のお話が聞こえてくるように感じましたし、その世界で歌いたいと強く思いました。本当に楽しみです。
時:3月18日(水)19:30〜 2ステージ入れ替えなし
所:サロン・ドゥ・アヴェンヌ
ピアノ:フィリップ・ストレンジ



5月は毎年この方とのライブが定番になりました。東京からお越しになるのですが、関西のファンもたくさんいらっしゃいます。
日々、自分の音を追求し続けているピアニストです。
彼の音の世界に入り込んでいくのが大好きです。
時:5月28日(木)19:30〜 2ステージ入れ替えなし
所:サロン・ドゥ・アヴェンヌ
ピアノ:大石学

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ