MY Favorite Things

私の好きな物やイベントや考え方など
 季節や時に応じて ご紹介しますね。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:光代
geoffrey1979様
コメントありがとうございます。
わあ、嬉しいなあ〜〜と思っているところです。

実はね、ちょうど今朝、ピアノの音について考えていて、あなたの仰る「掌で音符をコロコロさせる様に弾く」という表現がとてもよくわかるのです。
その時にちょうど私は「音がコロコロ転がる」という言葉で考えていたので、ちょっと驚きました。

関本さんの音は 早速、YouTubeで聞きました。YouTubeですら心が震えます。
生で聞いてみたいなあ・・・・。

ポゴレリッチの音も久々に聞きました。
アルゲリッチも。
なんとみなさん、自信に満ちた音なんでしょう。
自分の音を信じられるのって素敵ですね。



物事って、生まれた時はみずみずしいのに、しばらくするとどんどん詳細になり、気難しくなり、権威すらできて行きます。そうなってくると、今度はそこから外れることが許されなくなりがち。


コメントをいただいて本当に良かったです。
音楽はもっと優しくあっていいと思いました。
道はいくつもあるし、そのたくさんの道すらちょっと違うな〜と思ったら、新しい道を生み出そうと模索するもよしですね。

関本さんの生音聞く・・・という夢が一つ増えました!!
投稿者:geoffrey1979
光代様

素敵な先生!

私もピアノちょっと齧りました。

「綺麗な服着て、拍手してもろて、ええなあ〜〜」
むっちゃ不純な動機です。

高校になり、音大に行かないと決めたら、
先生の態度が変わりました。
それからピアノが楽しくなくなった。

大学時代は「観賞担当」になっていたのですが、

出たんです。
凄いのが。

イーヴォ・ポゴレリッチさん。

ショパンコンクールで、審査員が激怒して
椅子を蹴っ飛ばし帰国してしまったという
いわく付きの、クラシックにあるまじき大胆な
解釈の演奏をした人。

もう好き勝手にアレンジして、
「音楽かくあるべし」を一瞬でチャラにしてしまった

「弾くのは俺や、文句あっか〜」
喧嘩上等なソリストでしたが、
それは魅力的な演奏で、後のパンクロックの
出現にも似ていました。

それから毎回ショパンコンクールで「変人」が
現われるのを楽しみにしていました。

で、、

出たんです。

日本人ですよ。

関本昌平さん。

若いのに仙人みたいに達観して
掌で音符をコロコロさせる様に弾くのです。

関西の方で、デビューしたての頃は直接お話しを
伺ったりしていました。

「まず、楽しくないとね。」
「ピアノはね、弾くんとちゃうんです。歌うんです。
曲はね、演奏するんとちゃうんです。曲でね、表現
するんですわ」

って、サラ〜〜っと言われまして。

イーヴォみたいに、正面から体当たりする
やり方もありますが、この人の、今ある状態を
柔軟に一旦身体に受け止め、知ら〜ん顔して
自分のスタイルに変えてしまう余裕が凄く格好いい。

なので、関本さんの演奏には、悲しいテーマの曲でも
闘いのテーマの曲でも、丸みがあるんです。
勿論大変な努力を積んで来られたのは間違いない
ですが、それを聴き手に感じさせない。

「好きやから弾いてますねん」っていう心が
垣間見える演奏で、私は音楽の本質を教わったと
感じました。

この方のお蔭で、
「楽しかったらエエんとちゃいます?」
って、肩から力が少し抜けた状態で音楽に
接する事が出来る様になりました。
機会が御座いましたら、是非聴いてみてください。























レールシェルフのご紹介

私たちの会社で 今一番見て頂きたいものはレールシェルフ。

四万十ヒノキ


アルミ


ガラス
http://q-ho.com/

建築家・インテリア関係の方・内装業者さん・小売りのショップさんなど プロの皆様。
様々な特注も致します。
お問い合わせはこちらまで!

新製品

久宝の社長が3Dプリンターを作ってしまいました!!            「Qholia」です。 ここに至る七転八倒物語りもありますよ。 「週刊? 3Dプリンター活用記録」      

イベント案内

♬〜♪ ライブ案内 ♬〜♪


piano: Josh Nelson
bass: Alex Bonehan
drams: Dan Schnelle



無事に終わりました。 そして素晴らしい経験になりました。 いろんな風に褒めてもらって、心から歌ってきてよかったと思いましたし、元気でいたいと思いました❤️ これをまた新しいスタートラインにしなくちゃね・・・っと思っているところです。

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ