自然栽培を追いかけてV

自然栽培とは、人為的に肥料を与えず己の持つ自然の力で養分を集めて育ってもらうもの
一切の農薬を使わないですむ栽培方法である。
全ての基本は自然の中にある・・・・

 

カレンダー

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

潮汐

熊本県-熊本
提供:フィッシングラボ

どこから来たの?


ジオターゲティング

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マニチュー
世の中には土壌改良剤なるものは腐るほどあります。
それぞれ成分には大きな違いと特徴が有りますが目的は土を元気にする事!

私達が使っている腐植前駆物質も土を元気にします。しかし、今までと違うのは元の元からの出発で工程も違う。だから話を伺ったときピンとひらめきました。これまでとは違うと。。。!
素人の僕がワクワクするのですからね。

今年1年目の自然栽培水田に散布したのも少しでも元田さんのようなお米を早く作りたいからです。
10、20年も待ってられません。

後は結果が楽しみです。


http://blog.goo.ne.jp/uma40abcd
投稿者:元田裕次
クワハラさんはいいとこ解っているね。

これから参加したい人にこそ必要な技術
基本を解っていない人にも大事な話なんだけどね。

http://red.ap.teacup.com/motoda/
投稿者:元田裕次
いや〜
ここに公開した以上の情報が欲しいのなら
セミナーもでも来ないと理解できない。
事実電話を散々かけてきて
微量要素と混濁していたりで困ってしまう。

もう少し読みこんだら?

っていうしかないんだよね。

http://red.ap.teacup.com/motoda/
投稿者:クワハラ
今すでに、自然栽培が出来てしまっている人の耳には届きづらい様な気がします。

だって、その技術はすでに必要でなくなっているから。

その技術を必要としている、藁にもすがるような、自然栽培を志しているという、限られた条件下でのみ、心に響くような…

だから、いくら情熱的に、具体的に語っても(今までのブログでも非常に具体的でしたが)、必要でない人は耳をパタッとふさいでしまのではと。

ガンやアレルギーになって初めて健康の有難さや複雑さを知るような…そんな感じでしょうか。

だからこそ、これに気づいて動いていく人は貴重だし、次の世代のかけ橋にもなり得るんだと思います。
(手前味噌?(照))

話のピントがずれていたら申し訳ないです。
そんな風に感じたということで…。
投稿者:耕作人
EMやスリーエフとどうこがどう違うか、このブログでも具体的に説明すると良いかも知れませんね?

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

拍手ランキング

1位 自然栽培を追いかけてV
1拍手
10/13〜10/20までのランキング結果です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ