2015/5/29  14:07

5月王滝参戦記  

先週日曜、24日にここ数年出ている長距離MTBレース
「SDA 王滝」に参戦してきました

出場は100km
前回、秋の9月王滝の時は7時間32分で完走でした

そして、今回の目標タイムは7時間
…正直、30分の短縮は難しいかな。と思いつつも、目標を設定

多くの方々から応援の言葉をかけていただいて、今回のチャレンジへの活力をもらいました

レースに余裕を持って臨むため、前日の土曜日に会場入り。

クリックすると元のサイズで表示します


まずは受付。

クリックすると元のサイズで表示します

大会会場も年々盛り上がってます

クリックすると元のサイズで表示します

スペシャライズドブース

クリックすると元のサイズで表示します

トレックブース

クリックすると元のサイズで表示します

昼ご飯は会場近くの王滝食堂にて

クリックすると元のサイズで表示します

いのぶた丼をいただきました
ご当地グルメを堪能するのも他県でレースに出る楽しみでもありますね

ご飯を食べた後はそのまま温泉に向かい、運転疲れをリカバリー

大会の受付を済ませたら、レースの最終準備

クリックすると元のサイズで表示します

チップの入ったゼッケンを取付

クリックすると元のサイズで表示します

全体はこんな感じです

クリックすると元のサイズで表示します

パンクに備えて、迅速に対処できるようにチューブ、タイヤレバーをサドルバックへ

クリックすると元のサイズで表示します

王滝では晴れていても山から水が出ている場所もあるので泥除けは視界を確保する意味でも必須アイテム

クリックすると元のサイズで表示します

コースマップ、カメラ、サイクルコンピューターを付けたハンドル周り。

クリックすると元のサイズで表示します

ボトル、ジェルなどの補給食もバイクにセット

クリックすると元のサイズで表示します

ともに100kmにチャレンジする仲間のバイクも準備バッチリ

クリックすると元のサイズで表示します

怪我をして前回の大会に出られなかった仲間も復帰

クリックすると元のサイズで表示します

新たに29erのトレックSUPERFLY9.6を投入したダウンヒラーTくんも楽しみなご様子

クリックすると元のサイズで表示します

コースマップ。まさにアドベンチャー
標高1700m近くまで登っては下りを繰り返してゴールを目指します


クリックすると元のサイズで表示します


ゼッケンの取付、補給食の用意、機材の最終確認を済ませます

クリックすると元のサイズで表示します

ライダーズミーティングでコース説明を聞いたらあとは翌日、ベストを尽くすのみ

 〜 翌日 〜

3時半に起床。
体調は万全

クリックすると元のサイズで表示します

着替して朝食を食べたら4時半からスタート地点に、バイクをセット。

クリックすると元のサイズで表示します

レース開始時刻の6時が刻々と近づいてきます

クリックすると元のサイズで表示します

心配だった天気も、快晴という最高のコンディション



今回の作戦は「軽量」
荷物をできるだけ軽く。をテーマにしました。

補給食も軽量なウィダーバー6本をメインにアミノバイタルジェルを2本、メイタンCCC1本、トップスピード1本に絞り、
粉末ドリンクも足攣りに効果的だったジャコラ、エネルギー摂取のCCDを各6個づつ。

前回出た時にはハイドレーションパックに600ml、ボトルに600mlほどドリンクを入れていったものの、34km地点の第一チェックポイントまでに使用したのは600ml。

今回は割り切ってボトルにドリンク600mlのみにしました。
この作戦、成功するか?!

クリックすると元のサイズで表示します

いよいよスタート

クリックすると元のサイズで表示します


軽量作戦でバックが軽量になったおかげで、腰の痛みもかなり軽減できました
これは良いタイムを出せそう^ ^

クリックすると元のサイズで表示します

補給していると、若きエース ダウンヒラーなTくん到着
余裕の表情です

クリックすると元のサイズで表示します

続いて、ベテラン王滝ライダー キタガワ氏の到着


一足先に第一チェックポイントを出発すると、いつもだったらタレてくる脚のタレを感じない

冬場からコンスタントに乗っていた朝ロードでの坂コースも功を奏したのか、後半までスピードが落ちてしまうことなく、踏み続けることができました

クリックすると元のサイズで表示します


第三チェックポイント到達

第一チェックポイント、第二チェックポイントをいつもより早いタイムで抜け、第三チェックポイントも6時間を切るタイムで通過


クリックすると元のサイズで表示します


このまま行けばまさかの7時間切りが目指せるか?!
と思いつつ、ゴールに向かってひたすら前へ、前へ。

ゴールに向かう最終の長い下り、手の感覚が無くなってくるのを我慢しながら集中して安全なラインを下る。
下る。


やっと見えてきたゴール。

タイムは残念ながら7時間を切れていなかったものの、前回のタイム7時間32分を30近く短縮できた7時間03分38秒

クリックすると元のサイズで表示します

次回は7時間を切るタイムでゴールを通過します

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、闘い終えた仲間の表情は疲れはあるものの、達成感に満ちた表情



クリックすると元のサイズで表示します


レース後は温泉でリカバリーしながら帰路へ。

クリックすると元のサイズで表示します

今回も全員無事で笑顔。
怪我が無いのが一番です

クリックすると元のサイズで表示します

次回、9月王滝も日常に無い達成感を求めるチャレンジャー、ぜひ一緒に参加しましょう

ご興味をお持ちになった方、お気軽に遊びに来てみて下さいね〜

 スタッフ  ナガシマ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ