鉄研春合宿記 四国編  四国

さて、今日は高1の春に行った鉄研合宿について書きます。
プランは。
0:45神戸港〜4:45高松港
5:35高松〜5:49坂出
6:19坂出〜8:16高知(しまんと)
8:50高知〜9:14桟橋通5丁目
12:09桟橋通5丁目〜12:33高知
12:48高知〜14:05須崎
14:28須崎〜14:55窪川
14:58窪川〜17:51宇和島
18:10宇和島〜19:27松山(宇和海)
19:35松山駅前〜19:54道後温泉
8:49道後温泉〜9:11松山市駅前(坊っちゃん列車)
9:30松山市〜9:34古町
9:41古町〜9:59大街道
10:53大街道〜11:07松山駅前
11:25松山〜13:07観音寺(しおかぜ)
13:14観音寺〜13:50多度津
16:18多度津〜16:35琴平
8:42琴平〜9:25仏生山
10:55仏生山〜11:06瓦町
11:18瓦町〜11:50琴電長尾
12:13琴電長尾〜12:43瓦町
12:52瓦町〜13:24琴電志度
14:04志度〜14:43高松
15:10高松〜16:03岡山(マリンライナー)
16:14岡山〜17:20相生
17:21相生〜18:43大阪
でした。
詳しくは続きを読むをご覧ください。


時刻は0時。私は神戸港で大富豪をしていた。それから20分、ジャンボフェリーに乗船。予定時刻に出航し5分ほどするとジャンボフェリーの陽気な音楽が流れた。流れ終わると時刻は1時。その後はゲームセンターでくつろいでいると高松港に到着し、そこからバスで15分ほど乗ると高松駅に到着した。
まず最初に乗るのはマリンライナー。鬼無駅の像に注目していたのだが、通過時刻は5時40分。あまりよく見えなかった。それから10分後に坂出に到着。8000系や黄色の113系を撮影しているとしまんとが入線。丸亀・多度津・善通寺・琴平と停車しここからは非電化区間。ディーゼル特急の本領発揮である。坪尻駅は気が付いたら通過していました。そうですね・・・徳島県に入った途端に山景色が見えました。以前の四国旅行記でも書いたと思うが、この区間は山だらけである。それを高速で走るために土佐岩原辺りでカーブを高速で通過する光景を見ることができた。土佐山田に近づくと山の景色から街はずれの景色になり、やがてそれが街になり高知駅に到着した。
高知からは土佐電に乗車。桟橋通り5丁目まで路面電車で行き、そこから徒歩で桟橋車庫前に着いた。この車庫で、外国の路面電車やアンパンマンラッピングの路面電車を見ることができてとてもよかった。
クリックすると元のサイズで表示します
アンパンマンラッピングの電車。
そこから路面電車で高知まで戻り、ここから再びJRに乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
ここからは1000形に乗車。アンパンマンマーチの陽気なメロディーが流れ電車は入線。しばらくすると発車した。とりあえず旭駅までは町の車窓、そこから町はずれという感じの車窓へと変わっていった。伊野駅に近づくと路面電車の終点の伊野駅が見えたのだが、本数は少なかった。その後は特記することなく須崎駅に到着した。須崎からは特急あしずりに乗車。車窓はトンネルでした。25分の乗車で窪川に到着。ここからは予土線に乗車。窪〜若井間は土佐くろしお鉄道に入り、そこからある信号所を抜けると再びJRの路線に入った。するとすぐに四万十川が見え、その川と江川崎まで並走し、そこから山の景色に変わり、宇和島駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
宇和島に着くと停車していた八幡浜行き。
宇和島からは特急に乗車。しかし昨日ゲームセンターではしゃぎすぎたためここでダウン。気がつくと松山到着前だった。ここから道後温泉までわがアルナ車両製の2100系に乗車し、20時ごろに今宵の宿に到着。そこから20分後に道後温泉に行き、安いほうの風呂に入って、入浴後宿に戻り、就寝した。翌日、この日伊予鉄道でストライキを起こすという報道があったのだが、ストライキはなかった。その後は足湯に使ったりして時間を潰していると、坊っちゃん列車が入線。なるほど!!坊っちゃん列車は走行以外は展示しているのですか。なかなか賢いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
いつもは道後温泉駅で展示してあります。
そして坊っちゃん列車に乗車。感想としてはやっぱりレトロな感じで、なかなか乗っていて楽しかった。また車の中から写真をとっている人もいた。松山市駅に着くと、伊予鉄の電車に乗って古町へ。松山城を見学。その後松山駅前まで戻り、特急しおかぜ8000系に乗って多度津へと向かった。道中、購入した駅弁を食べていると、しまなみ海道が見えて今治に到着。一度尾道まで行ってもらいたいものである。今治を過ぎると海から離れ、石鎚山が車窓に広がるといよ西条に到着。四国鉄道文化むらを見ることができた。その後は海が見え、やがて観音寺駅に到着。ここからはピンクの113系のサンポートに乗車。車窓は再び瀬戸内海が見え、やがて多度津駅に到着した。
多度津で多度津工場を見学。キハ58・四国1000系・フリーゲージトレインを見学することができた。またロビーの近くにはマリンライナーの座席を見ることができた。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ58。廃車の可能性が高まってきています。
そして多度津からは121系に乗車。特に景色は書くことがなく、琴平に到着。ここで金毘羅山を登り、讃岐うどんを食べた後ホテルに入って就寝した。翌日はことでんで仏生山まで移動。車庫見学をしたのち長尾線に乗車。車窓の感想としては住宅地という感じでした。その後志度線に乗車。車窓は瀬戸内海が広がっていた。その後1500系に乗って高松へ。なかなか車内は快適でした。その後はマリンライナーに乗車。瀬戸大橋にわたる際にまたのお越しをという看板が見えたこと以外は特記することなく岡山に到着。その後113系と223系を乗り継いで大阪に戻ってきましたとさ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ