松山旅行  四国

さて、今回は高2の4月、父といった旅行について書きたいと思います。
この旅行は、母親の努力が詰まった旅行なので、感謝の気持ちを込めて行きました。

まずは新幹線で岡山へ。本当は100系に乗りたかったのですが、父に700系にしなさい!!と言われたので仕方なく700系に。父は大喜び、私はつまらなかったです。
クリックすると元のサイズで表示します
岡山の収穫はこれくらいかな?
その後しおかぜに乗って松山へ。車窓は特記することなく到着。松山から大手町までは電車と路面電車のクロスを見るために徒歩で移動。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらが電車と路面電車のクロス区間。
その後大街道まで移動し宿へ。翌日、まずは道後温泉まで移動。そこで高級な風呂に入りましたが、個人的には安い風呂の方が快適だったです。その後は松山の路面電車を全線感情したのち、松山市駅で土産を買うことに。すると丁度テレビの早食い競争がやっていたのですが、もし勝つとトワイライトの時間に間に合わなくなるのでダウン。(ちなみに早食いには自信あります)
クリックすると元のサイズで表示します
この路面電車が待ち時間が結構長かった。30分に1本なのでね。
そして松山駅でもお土産を買い、いよいよとトワイライトに乗車する時が。
クリックすると元のサイズで表示します
牽引はEF65-1132
クリックすると元のサイズで表示します
この表示はしばらく見ることはできないでしょう。
そしてトワイライトに乗車。松山駅を発車するとすぐにこの団体列車の詳しい駅と津着時刻を書いた紙が配られた。そこには2駅もしくは3駅に1回停車するダイヤが。どの駅に停車したかは覚えていませんが。とりあえず夕食はハンバーク弁当を食べ、食べ終わると時刻は6時30分。その後はロビーでリッチっぽい雑誌を読んだり、景色を見たりしていると時刻は20時。確か伊予西条駅に停車していた時だと思うのですが、楽しい楽しい制服を着ての撮影大会。トワイライトの制服を着るなんて初めての体験だったので、とりあえず写真をとりました。また車掌の裏話も聞かせてくれました。一つだけ紹介しますと、この団体列車はJR四国とJR西日本の2社にまたがって走っていて、四国を走る際は業務はJR四国の車掌に委託しているそうで、四国の車掌さんも登場していました。その後はトワイライトのお勧めスポットや、勤務時間や夜休むところなどの話をしていると時刻は22時。伊予三島あたりに停車しているころだった。その後記念スタンプを押したのち、減光となり就寝した。なんせ起きていると父の機嫌を損ねるのでね。起きるとすでに瀬戸大橋を渡り終え、岡山駅に停車しているようだった。貨物を見送った後、再びベットに入った。
次に起きるとトワイライトは三ノ宮駅を通過、時刻は6時30分を指していた。さあ、一気に大阪へ。と思う人も多いだろうが灘駅から少し行ったところの信号所で停車。ここでハイケンスが流れ、朝食を食べた、朝食を食べ終わったぐらいに信号所を発車した。ちなみに停車時間は1時間5分、それから15分の走行で西宮駅にも運転停車。たくさんのファンが詰めかけていた。ふと三宮方面の線路を見るとキハ181系と583系の金光臨が通過、鉄ファンのお目当てはこれだったようだ。
その後はトワイライトグッズ争奪戦のクイズ大会が開催された。私はスリッパとメモ帳とキーホルダーをゲットした。中には非売品のものもあります。そして9時24分、西宮駅を発車、塚本通過後にいい日旅立ちが流れ、大阪駅に到着。こうして今宵の旅は幕を閉じたのであった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ