箱根登山鉄道&秩父鉄道遠征記  東京・横浜・埼玉

http://red.ap.teacup.com/noritetu/28.html#readmore
さて、この遠征の続きです。
プランは
4:30大宮〜5:18東京
5:20東京〜6:44小田原
7:01小田原〜7:15箱根湯本
7:18箱根湯本〜7:55強羅
8:00強羅〜8:39箱根湯本
8:44箱根湯本〜8:57小田原(2分遅れ)
8:57小田原〜9:46海老名
9:57海老名〜10:29横浜
10:34横浜〜11:04湘南台
11:12湘南台〜11:22中央林間
11:28中央林間〜12:53渋谷(撮影等)
13:05渋谷〜13:07明治神宮前
13:12明治神宮前〜13:47綾瀬
13:54綾瀬〜14:08馬橋
14:15馬橋〜14:27流山
14:50流山セントラルパーク〜14:52流山おおたかの森
15:01流山おおたかの森〜15:57大宮
16:07大宮〜16:21赤羽
16:32赤羽〜16:41池袋
16:41池袋〜16:45高田馬場
16:56高田馬場〜17:30所沢
17:45所沢〜18:10飯能
18:15飯能〜19:37三峰口
19:45三峰口〜21:19熊谷
21:32熊谷〜22:42上野
22:54上野〜23:01東京
23:03東京〜23:28横浜
23:36横浜〜5:22名古屋(快速ムーンライトながら)
でした
詳しくは続きを読むをご覧ください。

さて、大宮からは京浜東北線に乗車。車内にはいったときにドアが閉まった。さて、大宮の京浜東北線の始発列車のこのスジも今までは209系しか見たことのなかったのですがE233系に置き換わっていました。ただ浦和電車区に209系は確認しました。
クリックすると元のサイズで表示します
編成は我が川崎重工製造のウラ162編成
クリックすると元のサイズで表示します
そして373系の普通静岡行に乗って小田原へ。とりあえずボックス席に座り、朝食のカシを堪能していると小田原駅に到着。
オ多和荒からは箱根登山鉄道にお乗り換え。箱根八里の発車メロディーが流れるとドアが閉まり、15分ほどで箱根湯本に到着。ここからは箱根登山鉄道の本当の見どころ。信号所2つと大平台駅でスイッチバックを行い、登っている感じがしていてまるでジェットコースターに昇っているみたいだった。箱根駅伝で山を登る選手の気持ちがわかる気がした。そして強羅駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
彫刻の森駅ですれ違ったモ1形。間もなく還暦。
それから改札処理をしたのち折り返し乗車。途中入生田駅で列車交換予定の列車が遅れていて2分遅れで小田原駅に到着した。
ここからは小田急3000形の急行相模大野行に乗車。しかしこの列車は本厚木までは各駅にとまるのである。東海道本線とは違い若干田舎「?」の景色で、新松田駅で若干ではあるが、富士山が見えた。
クリックすると元のサイズで表示します
秦野駅で1000形の通過待ちを実施。
クリックすると元のサイズで表示します
私の乗車した3000形
クリックすると元のサイズで表示します
海老名駅では4000形が整備を受けていました。
その後は相鉄に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
E233系ベースの相鉄11000系。
クリックすると元のサイズで表示します
相鉄9000系。この塗装も間もなく見納め。
そして湘南台へ。ここからは小田急に乗車します。10分ほどの乗車で中央林間に到着した。
ここからは東急に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
東急8500系の長津田行き
クリックすると元のサイズで表示します
東武50050系の急行 たまプラーザ駅にて
クリックすると元のサイズで表示します
メトロ8000系の南栗橋行き たまプラーザ駅にて
クリックすると元のサイズで表示します
個人的に好きなメトロ08系 宮崎台駅にて
クリックすると元のサイズで表示します
東急6000系 
この後一気に綾瀬ま移動
クリックすると元のサイズで表示します
廃車が噂される203系マト68編成 綾瀬駅にて
そして馬橋駅へ。
クリックすると元のサイズで表示します
馬橋でたまたま出会うことができたEF65-1080
そして流鉄に乗車し流山へ。車窓は住宅街と言った感じですが、つくばエクスプレスが開業してから利用者は減ったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
3代目流馬となる元西武車の5000系
クリックすると元のサイズで表示します
次の引退車として噂されている流星
その後つくばエクスプレスに乗り1駅で下車。その後は東武野田線に乗車しました。
クリックすると元のサイズで表示します
その後一気に高田馬場駅まで移動。そして西武鉄道に乗り所沢乗り換えで飯能へ。まあ、ここまでは特に車窓は普通の感じだったので語りませんが。
クリックすると元のサイズで表示します
飯能からはご覧の4000系に乗車。車内はクロスシートでふかふかしていました。東吾野までは住宅街だったのですが、そこから景色は一変山景色に。正丸からは雪が積もってきました。その後はトンネルと山景色が続き、横瀬駅で秩父市に入り景色は一変したものの、秩父鉄道線内に入り再び山下しきに変わり三峰口駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
今日も元気に活躍する緑の1000系。
三峰口からは緑の1000系に乗車。1000系は独特の音を立て発車。車窓は秩父で町になり、野上で山の景色になったが、私は疲れていたので就寝。気がつけば大都会とまではいかないがひろせ野鳥の森まで来ていた。結局秩父の8090系には出会わなかったですね。次の乗車の時には出会えるようになるといいですね。
その後は上野へ。発車メロディーの収録をしているとあっという間についてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
上野で寝台特急北陸を撮影。牽引はEF64-1052でした。
クリックすると元のサイズで表示します
この案内も間もなく貴重になります。
そしてE233系ウラ145編成に乗って東京まで移動した後、ここからムーンライトながらに乗ってもよかったのですが、横浜駅の時刻表をとりたかったので横浜駅から乗ることに。場所はいつもの10号車。アメをなめ、歯を磨きおえると、疲れていたので就寝。翌日は大高駅で運転停車していた。
それから15分、列車は名古屋駅に到着し、3日目が始まるのであった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ