近鉄&養老&豊鉄乗車遠征  東海

http://red.ap.teacup.com/noritetu/60.html#readmore
この遠征の続きです。
プランは。
23:10東京〜7:02岡崎(快速ムーンライトながら)運転見合わせ
7:30岡崎〜7:36東岡崎(名鉄バス
7:44東岡崎〜8:24名古屋
9:25名古屋〜10:25武豊(40分遅れ)
10:30武豊〜11:12名古屋
11:18名古屋〜11:51四日市
12:00四日市〜12:17内部
12:35内部〜12:47日永
12:47日永〜12:50西日野
1300西日野〜13:09近鉄四日市
13:22近鉄四日市〜13:50湯の山温泉
13:56湯の山温泉〜14:22近鉄四日市
14:29近鉄四日市〜14:42桑名
14:43桑名〜16:08大垣
16:10大垣〜17:42豊橋
17:52豊橋〜18:14運動公園
運動公園〜(走って15分)〜赤岩口
18:30赤岩口〜18:51駅前
19:00新豊橋〜19:35三河田原
19:47三河田原〜20:22新豊橋
20:35豊橋〜21:28名古屋
21:33名古屋〜0:53大阪難波(アーバンライナー1時間遅れ
でした。
詳しくは続きを読むをご覧ください。


さて、色々あったが無事ムーンライトに乗車。豊橋までは順調に走行、管理人もしばし休息の時を過ごす。だが、起きると4時30分、列車はまだ豊橋。疑問に思い車掌に聞くと、台風の影響で走れないとのこと。仕方なく顔を洗いケータイを放置していると突然動かなくなるというトラブル。原因は水没。たぶん顔を洗った水がケータイにかかったのだろう、と分析。30分後、ムーンライトながら東京行きが到着。たぶん5時間は遅れているな。うん。
それからすぐにこの列車が発車、何とか1時間遅れで着くな、と思っていたら今度は岡崎駅で停車。どうやら西岡崎駅で付着物がついて走れないとのこと。すぐに走ると思いきやなかなか走らず、ついに1時間後、振り替え輸送の連絡があった。
クリックすると元のサイズで表示します
岡崎駅で止まってしまったムーンライトながら。パンタグラフを閉じて電気も消えていました。
とりあえず管理人は最終日を満喫するためなけなしのお金を払い名鉄に乗り名古屋へ。
クリックすると元のサイズで表示します
名古屋では偶然そよかぜトレイン117系を撮影することができました。
武豊線は動いているとのこと。なら乗りましょう!と言いたいところだが列車が来ない・・・どうやら折り返す列車が遅れているとのこと。しかたなく管理人は朝ごはんのきしめんをいただいておいた。ちなみに管理人の状況を心配したきしめん屋のおばちゃんが卵とてんぷらをサービスしてくれました。本当に感謝です。ありがとう。
そして武豊線に乗車。普通豊橋行の発車を待って40分遅れで発車。車窓はというと特に味気もなく武豊へ。帰りは名鉄で帰ろうと思ったが友人曰く武豊〜名鉄の最寄駅まではかなり歩くとのこと。ケータイが壊れた今もう1度同じ列車で名古屋へ。乗ったのはキハ25でした。
クリックすると元のサイズで表示します
武豊線の列車の写真が何にもないのも味気ないので、東成岩駅で行き違いをした気は75の写真でも載せておきましょう。
そして313系で四日市へ。
クリックすると元のサイズで表示します
四日市では石油輸送の貨物が停車していました。
ここからは内部線や八王子線に乗車、車窓は特に味気なかったな。うん。ちなみに折り返しの時間は昼食やトイレに行ったため撮影できず・・・ちなみに管理人が降りた後、この2路線は台風のため運転見合わせとなりました。あるいみラッキー!!
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにパンタグラフは閉じられました。あたり前ですが。
そしてこの後は湯の山線に乗車。車窓は伊勢川島までは四日市地市街を走り、そこからは妙にファーストフードが多い国道を右手に眺めながら左は田園風景。無人駅の大羽根園を過ぎると一気に山の景色に代わり湯の山温泉に到着しました。
クリックすると元のサイズで表示します
この山からは美しい温泉が出るんでしょうね、今度湯の山温泉に入りたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
湯の山温泉駅にて折り返し中の1ショット
そして折り返して四日市のち桑名へ。ここからは養老鉄道に乗車。発車すると桑名の市街地を離れ下深谷までは住宅地、だけど屋根が瓦の屋根でレトロな感じだった。美濃松山辺りで山が迫ってきた。
クリックすると元のサイズで表示します
美濃松山あたりの車窓は、こんな感じ。
そして、私の下をふと見ると新聞の山が、養老とか書かれてるから書かれてある駅で降りるのだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらがその新聞の山。
クリックすると元のサイズで表示します
電車で輸送された新聞はバイクに揺られて各住宅に送られます。これもまた、田舎ならではの光景ですね。
さて、養老を過ぎ車窓の山場を越えた養老鉄道は民家に代わり、美濃青柳で住宅街に変わって、大垣駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
そういえば養老駅にはひょうたんの飾り物がありましたね。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに車両は近鉄の車両を養老鉄道が貸し出して運行しています。養老駅にて撮影
この後大阪に帰る予定だったが関ヶ原〜米原間が運転見合わせのため313系で豊橋へ。
クリックすると元のサイズで表示します
豊橋からは路面電車に乗車。列車は駅前通り、国道1号、住宅街を通り運動公園・赤岩口に到着。そして豊橋に戻りこの旅のフィナーレは豊橋鉄道に乗車。
車窓は住宅街で、大清水駅を過ぎるとちょっと住宅が減った、という具合でしょうか??なんせここも通勤路線みたいなので・・・
クリックすると元のサイズで表示します
乗車した1800系。最初は元東急の車両だと思ったら、名鉄、らしい。
そしてこの後は313系と223系に乗り継いで大阪に戻ってきました。  と書きたいところだが、相変わらず関ヶ原〜米原間が運転見合わせ。明日は大事な用があるため金もない中PiTaPaで帰れるアーバンライナーを選択。しかし途中の千代崎駅での信号トラブルにより難波には1時間遅れで到着。で、大雨の中電車もなくなり、どうしようかと迷っていると、近鉄から無料でタクシーを手配してくれることになり、なんとか家に戻ってくることができました。
この日の旅行は、ある意味いい思い出になりました。

以上です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ