大阪NO市バス  写真特集

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみにMagical Trains様と合同企画で写真特集を行っており、Magical Trains様では市バスの写真特集「オオサカノチカテツ」が公開されています。そちらもあわせてご覧ください。表紙のデザインはMagical Trains様の管理人が製作されました。この場を借りてお礼を申し上げます。
右下の「バスの世界へ、Lets GO!」のボタンを押すとご覧になれます。
http://blog.ap.teacup.com/magitra/141.html#readmore
Magical Trains様。オオサカノチカテツ
http://fine.ap.teacup.com/yodogawa-kumin/1309.html#readmore
大阪NO市バス 補足 淀川日記 2012年4月7日の記事

大阪NO市バスは、大阪市営交通局のバスの特集のことである。電車の駅から遠い所に住んでいる方でも、市バスはやってきて、市民の足へと役立っています。
そんなバスの様子をご覧いただきましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町4丁目「市民の足」
電車が通っていない停留所、バスは地域住民の足として活躍しています。 
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町4丁目「これからお勉強!」
この日は社会見学。子供たちもこの日を楽しみにしていたことでしょう!
クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄大阪港付近「おかえりぃ〜」
咲島トンネルから大阪市に戻ってきた44A系統。
クリックすると元のサイズで表示します
なみはや大橋料金所「ちょっとした高速道路気分♪」
市バスが料金所を通ります。ちなみにETCは搭載していないようです。
クリックすると元のサイズで表示します
南港南3丁目バス停付近「かもめと市バス」
日本では珍しいマルチケーブル式のかもめ大橋を渡る15系統。この15系統は船で大阪にやってきた人々を輸送する役割も担っています。
クリックすると元のサイズで表示します
ユニバーサルスタジオ正門「大阪の名所」
そういえば、若者でにぎわう大阪のスポットといえば、やっぱりユニバですよね!!
クリックすると元のサイズで表示します
ユニバーサルスタジオバス停「僕だけ仲間はずれ」
そんな華やかなユニバでも市バスの利用者はほぼゼロ・・・・。みんな車や電車で行く人がほとんどです。あ、バスと言っても東京や四国から来るバスの利用者は多いのですが。
クリックすると元のサイズで表示します
地下鉄住之江公園「ユニバへの足」
ここからユニバまで30分で行けるものの、やはり利用者はマイカーが多いようです。ノンストップなのにねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
千歳橋「これから大混雑地帯へ」
7年前、2代目千歳橋が完成。これにより、鶴町〜大阪市がグッと近くなりました。
ちなみに2代目が完成後も渡し船は引き続き運航しています。
クリックすると元のサイズで表示します
花博記念公園北口バス停「小休息」
かつては大賑わいを見せた花博記念公園をみながら休息する78系統。
クリックすると元のサイズで表示します
御堂筋線新大阪駅付近「はぁ〜、やっと抜けたぁ!」
新御堂の大混雑を抜けてきた104系統
クリックすると元のサイズで表示します
阪堺電鉄阿倍野電停 「一瞬のコラボレーション」
これから住民の足へと活躍する電車と、これから都会へ戻るバス
クリックすると元のサイズで表示します
堺駅西口「異色の地にただ一人」
大阪市バスは堺市にもやってきます。だが、周りを見ると南海バスしか走っていなく、大阪市営バスは孤立しています。
クリックすると元のサイズで表示します
播磨町バス停「一旦休憩」
63系統の運用を終え今から所属の住吉車庫へ戻ります
クリックすると元のサイズで表示します
守口車庫「夕方の準備」
阪神高速を眺めながら夕ラッシュで大阪や杭全などに向かう準備が進められているバス達。
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町車庫「最後の点検」
朝ラッシュを終え、運転手さんがバスを点検しつつ、同僚とリラックスタイム中
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町車庫「いってらっしゃい!!」
皆に見守られながら市民の足へ今から91系統が市民の足へと活躍していきます。
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町車庫「エコラッピングバス」
環境にもやさしいバスに乗っていただくために一仕事。これからエネルギー(ガソリン)を注入します。
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町4丁目バス停「最後の力走」
さて、車庫は目の前!あとちょっとで休めるぞ。頑張れ!
クリックすると元のサイズで表示します
鶴町車庫「これからお昼寝」
次の運用はたぶん夕方。それまではゆっくり休んでいよう。
以上です。あと2枚程度画像を追加予定です。
最後までご覧いただきありがとうございました!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ