奥羽本線&リゾートしらかみ&津軽鉄道&弘南鉄道乗車遠征  東北

さて、プランは
伊丹空港8:00〜9:30花巻空港
花巻空港〜バス〜盛岡
11:24盛岡〜12:14角館(新幹線こまち)
13:46角館〜14:05大曲
14:34大曲〜15:22秋田(泊)
8:25秋田〜12:08五所川原(リゾートしらかみ)
12:45五所川原〜13:20深郷田
15:16津軽中里〜16;02五所川原
16:12五所川原〜17:01弘前
17:12弘前〜17:24大鰐温泉(泊)
9:50大鰐温泉〜10:18中央弘前
11:00弘前〜11:29黒石
12:20黒石〜12:48弘前
12:56弘前〜13:49青森
15:55青森〜16:40青森空港
17:55青森空港〜19:40伊丹空港
でした
詳しくは続きを読むをご覧ください

まずは飛行機とバスと新幹線を乗り継ぎ角館へ。
クリックすると元のサイズで表示します
乗ったのはE3系
観光ののち、701系を乗り継いで秋田へ。景色は大曲まで田園。701系の秋田行きに乗車後は、田園、神宮寺駅を到着前に住宅街が見えたが、終始田園風景。四ツ小屋駅を発車すると、なじみのある大型スーパーが見えてきて秋田市街に入り、秋田駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
秋田総合車両センターにはたくさん新幹線が停車していました。
そしてこの日は秋田駅直結のホテルに宿泊。
クリックすると元のサイズで表示します
夜は恒例の撮影タイム。まずはこまち東京行きの最終列車を撮影
クリックすると元のサイズで表示します
牽引はEF81-136でした
クリックすると元のサイズで表示します
ケツ
クリックすると元のサイズで表示します
特急いなほ号も撮影しました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして翌日の青森行きはEF81-138でした
クリックすると元のサイズで表示します
奥羽本線経由の幕がとても悲しい
クリックすると元のサイズで表示します
ケツ
そして東能代までは奥羽本線を走行。
クリックすると元のサイズで表示します
牽引はEF81-33でした
そして五能線に入り、東八森駅に入ると
クリックすると元のサイズで表示します
このようみ雄大な海が!!この海が鰺ヶ沢まで1時間50分80キロ五能線の景色に続きます
そうこうしているうちにあきた白神駅に到着。この駅から路線バスに乗り終点には青池と呼ばれるきれいな湖があるようだ。そして岩舘駅を過ぎると、青森県に突入。
クリックすると元のサイズで表示します
青森県に突入すると、白神山地が後方に広がっていった。
深浦駅を過ぎ、30分ほど過ぎると千畳敷駅に到着。千畳敷駅の由来は江戸時代のお殿様が作った小さな湖千畳敷からきているそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
北金が沢駅ではキハ40と行き違い
そして列車は海を離れ鰺ヶ沢駅に到着。この駅で多くの客が下車した。鰺ヶ沢駅を発車すると三味線隊が乗車し、津軽オハラー節や盆踊りなどを演奏していると、五所川原駅に到着した。
そして昼食後、津軽平野を走行。津軽飯詰駅で住宅が減っていった。
クリックすると元のサイズで表示します
嘉瀬駅をこのような平野の車窓が。
そして金木駅で多くの観光客が下車した。
クリックすると元のサイズで表示します
金木駅ではストーブ列車と行き違い
そして金木駅を発車後、田園風景がさらに広がっていき深郷田駅に到着。そういえば、津軽鉄道のアテンダントさんはなかなか気前がよく、もう乗っている人はお友達みたいな感じなんですね〜。いやーそれでこそ東北。さすが東北地方ですね!!
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず列車の写真でも載せておきましょうか。
この後津軽鉄道の博物館へ
クリックすると元のサイズで表示します
中には津軽鉄道の機関車が展示されてありました。
あとやたらと宝富士ののぼりが目立ってましたね。地域を挙げて相撲力士を応援する。なんだかとても心が温かくなる瞬間ですね!!
そして津軽中里駅に戻り、ストーブ列車の券を購入。そのあと、まだ時間があったので中里名物のけぬ汁とコアラ焼きをいただきました。コアラ焼きはなかなかおいしかったですね!!また食べてみたいものです。
クリックすると元のサイズで表示します
そしていよいよストーブ列車に乗車!!とても楽しみです
クリックすると元のサイズで表示します
そしてこの津軽中里駅は本州の私鉄最北端の駅です。
クリックすると元のサイズで表示します
この津軽中里駅は墨で駅名盤が書かれています
そして乗車。車内はとても和やかな雰囲気で50分の乗車時間はあっというまに過ぎて行きました。ぜひとも!!また乗ってみたいですね。五所川原までは遠いけど。どんな雰囲気はまた乗車してから確かめてみてください!!!
クリックすると元のサイズで表示します
ストーブでは車掌さんが一生懸命火加減の調整。いやーこの車掌さんも実にいい人だった。
そしてキハ40と701系を乗り継いで大鰐温泉へ。
クリックすると元のサイズで表示します
今日はここで宿泊。せっかくなのでわくわくドリーム号を撮影
クリックすると元のサイズで表示します
そして翌日はあけぼのそ撮影。牽引はEF81-136でした
クリックすると元のサイズで表示します
ケツ
この後は弘南鉄道に乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
車両はも元東急の7000系
クリックすると元のサイズで表示します
つりかわはリンゴ柄。とてもお似合いですね
そして大鰐駅を発車、車窓はさみしい農村。石川駅で住宅が増えてきました。石川駅を発車すると左手に奥羽本線が迫り、奥羽本線の石川駅を見上げると気義塾高前に到着、そしてその後は再び田園風景を走り、次の津軽大沢駅では車庫が見えてきた。この駅を発車すと、リンゴの木(?)があちこちに広がり始めた。聖愛中高前で住宅が広がり始めた。この駅でびっくりしたのは、無人駅なのに自動販売機が5つもあった。周辺にないのだろうか??
そんあことで中央弘前駅に到着。それから10分ほど歩き弘南線の弘前駅に到着。この駅はJRの弘前駅と併設している。
そして乗車したのは同じく7000系。弘前駅絵を発車すると、奥羽本線を発車すると弘前東高前に到着。運動高前に着くまでは制限15キロかかっていたのでゆっくり走っていたが、運動公園駅を発車するといよいよ本領発揮。館田駅を発車すると一気に田園風景が広がっていった。
車庫のあえる平賀駅を発車すると、柏農高を発車すると、田園風景が深まっていき黒石駅まで続いていった。途中尾上高校前を発車するとクハ20の第7編成が停車していました。
クリックすると元のサイズで表示します
黒石駅の様子7000系とE33形電気機関車が停車していました。
この後黒石名物の汁焼そばを食べて、折り返して弘前へ。そこから701系を乗り継いで青森へ。
クリックすると元のサイズで表示します
青森駅到着後はねぶたの家、ワ・ラッセを観光
クリックすると元のサイズで表示します
そして少し撮影も キハ40の三厩行き
クリックすると元のサイズで表示します
リゾートあすなろも撮影
この後バスと飛行機を乗り継いで大阪に戻ってきました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ