宗谷本線&石勝線&札幌市営地下鉄乗車遠征  北海道

さてプランは
6:24稚内〜6:28南稚内
7:14南稚内〜12;06札幌(特急スーパー宗谷)
12:20札幌〜12:31新琴似
新琴似〜(徒歩10分)〜麻生
13:05麻生〜13:14さっぽろ
13:17札幌〜13:48南千歳
14:13南千歳〜14:16新千歳空港
14:19新千歳空港〜14:22南千歳
14:32南千歳〜16:11夕張
16:19夕張〜16:39新夕張
16:48新夕張〜18:16帯広
18:27帯広〜21:41旭川
22:00旭川〜23:20札幌(スーパーカムイ)
23:36札幌〜23:54真駒内
0:00真駒内〜0:19すすきの
でした
詳しくは続きを読むをご覧下さい
http://red.ap.teacup.com/noritetu/86.html#readmore
稚内までのプランは、こちら!!
http://red.ap.teacup.com/noritetu/89.html#readmore
すすきのからのプランは、こちら!!

稚内駅に到着後、とりあえず駅舎散策。
クリックすると元のサイズで表示します
駅近くには道の駅稚内があります
クリックすると元のサイズで表示します
日本最北端の線路
クリックすると元のサイズで表示します
日本最北端の駅
これを撮影後、車内に入る。なんせ発車時間が迫っていたので・・・。
稚内からは朝食の調達のため南稚内駅に移動。なぜなら南稚内駅には牛丼チエーン店やコンビニがあるからである。朝食調達後、まだ時間があったので南稚内駅付近の留置線へ行ってみることに。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、この日は除雪車しかいませんでした・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
南稚内駅に入線するスーパー宗谷
クリックすると元のサイズで表示します
発車し、5分ほど車内放送が入り終了するとご覧のように利尻湖が広がった。その後は無人地帯を走行。ここで車窓は味気なくなったので朝食を食べる。しかし、車内は稚内からの利用客でかなり混雑していたので、かなり驚いてしまった。まぁ、南稚内から乗ったのでなんとか自由席は座れたのだが・・・。
国道40号線が見えると豊富駅に停車。あんまに乗る客はいなかった。
トナカイの有名な幌延・天塩中川と列車は停車していく。
クリックすると元のサイズで表示します
天塩中川を発車すると列車は音威子府の峠越えに入る。車窓からは美しい雪景色が広がっていった。ここで、車内販売がやってきて、ジュースを購入。するとおまけのバレンタインサービスとしてチロルチョコがついてきて、なんだか得した気分になった。音威子府駅では、管理人が1区間だけ乗った名寄行きと、旭川からの稚内行きの2本のキハ54が停車していた。発車後、は天塩川に沿って列車は走る。そして、離れたあとは再度山あいの車窓を走行。通過駅の多い初野駅は完全に周辺の住宅がない感じの駅だった。それから4分後に美深駅の到着放送が流れ、温泉街が見えると美深駅に到着した。
美深駅を発車すると駅間距離が短くなり、車窓も名寄駅に近づくにつれて民家が増えていた。
クリックすると元のサイズで表示します
美深駅発車後の車窓、まだ田園が広がっている。
名寄駅では、大量に乗り、車内は身動きができないほど立ち席の状態になった。こうなった以上車窓を楽しむことはできないし、さすがに疲れてきたのでここで寝ることにした。
起きると旭川市街が広がっていた。やがて、石北本線と合流し旭川駅に到着した。ここで、乗車客の半分は降りたが、まだ車内は混んでいる。乗ろうと思った客は、急いで向こうのホームに停車していたスーパカムイに移動した。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は旭川発車後の車窓。田園風景が広がっている。このような車窓がしばらく続き、やがて建物が見えると深川駅に到着した。
深川駅発車後も引き続き田園風景が広がる。どうやら、米を栽培しているようで精米所も何箇所か見ることができた。
滝川駅では大量の列が出来ていて、100人ほど乗車した。なお、車内放送でも呼びかけていたが、このスーパー宗谷号はカムイが停車する砂川・美唄駅には停車しなかった。次の停車駅岩見沢駅を発車すると一気に建物が増え、市街地を走行する。平和駅通過後にアルプスの牧場が流れ、宗谷号は札幌駅に到着した。いわゆる、およそ5時間の長旅もこれにて終止符が打たれたのである。
クリックすると元のサイズで表示します
札幌駅付近にて留置されるスーパー宗谷。
札幌駅からは新琴似駅まで移動。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、新琴似駅で721系を1枚。
クリックすると元のサイズで表示します
新琴似駅から10分歩いたところにある地下鉄麻生駅
クリックすると元のサイズで表示します
麻生駅からは地下鉄東西線の乗り潰し。うーん、とりあえず北というつく駅名が多かったですね。
そして、キハ183系スーパー北斗で南千歳駅に移動後、昼食を食べた後新千歳空港へ
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず折り返しが3分しかなかったので駅名板だけ・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
車窓からは一瞬ではあるが新千歳空港を見ることができた。
さて、ここからはキハ40の夕張行きに乗る。追分駅でスーパーとかちの通過待ちのあとはひたすら田園風景を走行。追分〜東追分間はスノーシェルターが見えた。その後も所々スノーシェルターが車窓から見え、いかに北海道が雪が多いかが理解できた。
クリックすると元のサイズで表示します
新夕張駅では停車時間が一瞬だけあったので1枚。
新夕張駅を発車すると、列車は釧路方面と別れ左に曲がる。釧路方面の線路をみえるとすぐにトンネルが見えた。
さて、夕張支線の方はひたすら無人地帯を走行する。新夕張駅の次の沼ノ沢駅発車後一瞬ではあるが、冷凍食品会社の本社を通過した。そして夕張駅到着前に建物が見え、夕張駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
夕張駅では8分しかなかったので、折り返し中の風景を1枚。
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、駅前には屋台街が。しかし、訪れる人はみんな車でしたw。
さて、この2枚を撮影後気がつけば発車2分前、急いで車内に乗り込み発車。その後は新夕張駅まで折り返し、スーパーとかちで新得駅へ。今度はさきほどと違い右へ向かう。だが、車内は混雑していて、通路側の席だったため残念ながら車窓を撮影することはできなかった。(それに電池もやばかったですしね)新夕張〜占冠間はずっとトンネルであった。20分ほど走行し占冠駅に到着。発車後は田園風景を走行。トマム駅を発車すると列車は下り勾配となり、前日通った狩勝峠を超えると新得駅に到着。その後30分ほど走行し、帯広駅に到着した。
帯広駅付近のコンビニで夕食を購入後、快速狩勝旭川行きに乗り旭川へ向かう。先ほど通ったところを走行し、新得駅を過ぎると落合・幾寅・金山と停車していった。まぁ、管理人は1回通った上夜だったのでほとんどゲームをしていたのですが。
富良野駅からは普通列車となるのだが、通過駅があるので実質快速列車といってもいいだろう。富良野駅を発車すると終始田園風景に。美瑛駅できれいな街並みがひろがったが、夜なので残念ながらお届けはできなかった。
千代ケ岡駅らへんから住宅街が広がったが、電球が消えていて周辺はかなりひっそりとしていた。どうやら、住宅が多い駅だけ、停車するようだ。そして住宅街を走行し、キハ150系は旭川駅に到着した。(なお、キハ150系の写真は何枚か撮影したが誤って消したみたいです。すみません)
そして旭川からはカムイで札幌へ。電線の関係でかなりバチバチ言うてました。
クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず、733系を1枚。
そして、このあと地下鉄で真駒内へ行ったのだが、残念ながらカメラとケータイ充電がお亡くなりになったため、写真は撮影できなかった。
大通〜平岸駅は左にドアが開き。HTBの最寄駅南平岸駅から地上に出た。
地上区間はスノーシェルターがかけられていて、地下鉄にスノーシェルターなんてさすが北海道だな、と感じました。澄川駅を過ぎると駅間距離が長くなり速度も地下鉄とは思えないほど高速だった。自衛隊前あたりからは木々が見え、住宅も少ないが北海道民のお膝元セイコーマートだけはちゃんとありました。そして、列車は真駒内駅に到着した。ここからは定山峽行きのバスが出ているため、完全に周りには何もなかった。
そして、麻生行きの最終列車に乗り込むこと19分、今宵の宿があるすすきの駅に到着した。
すすきの駅からは氷点下7度の中6分歩きカプセルホテルに到着。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてホテルで充填した後札幌ラーメンを食べ、お風呂に入り3時に就寝しました。
以上です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ