長崎市電&西鉄乗車記  九州

さて、今回は長崎で行われた楽天‐DeNAの試合観戦の合間に乗り鉄に行ってきました
プランは忘れたため、あえて書きません
詳しくは続きを読むをご覧下さい
http://fine.ap.teacup.com/yodogawa-kumin/1440.html
野球観戦記についてはこちらをご覧ください

大阪から夜行バスに揺られること12時間、長崎駅に到着。なんせ乗った夜行バスが小倉・博多・武雄温泉・佐世保・ハウステンボス・長崎と完全な大回りルートなのでしんどかったですね。
クリックすると元のサイズで表示します
長崎市電300形赤迫行き
まぁ、お時間もないのでさっさと乗車。新中川町電停を過ぎるとトンネルに入ったこと以外は特筆することはない。
クリックすると元のサイズで表示します
車内には長崎ルートの広告が。個人的な意見ですが、長崎県に新幹線はいらないと思います!!
クリックすると元のサイズで表示します
まずは蛍茶屋へ。車庫が目の前にありました。
クリックすると元のサイズで表示します
蛍と蛍をかけているのですね。実に面白い!!
クリックすると元のサイズで表示します
5系統石橋行きと3系統赤迫行き
石橋行きに乗って石橋へ
クリックすると元のサイズで表示します
大浦海岸通り電停付近には船が展示されてありました。面白いですね
クリックすると元のサイズで表示します
そして石橋電停に到着。それにしても、折り返しの蛍茶屋行きの乗車率がすごいことになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして築町駅で正覚寺下行きに乗り換え。この電停で乗車客のほとんどが降りて、実質3分ぐらい停車していましたwww。
クリックすると元のサイズで表示します
そして正覚寺下に到着。なんか駐車場がありました
クリックすると元のサイズで表示します
折り返し待ちの1系統赤迫行き
このあと野球を見るため大橋電停へ。
野球を見終わったあとは、過酷な夜行バス移動で疲れたのでさっさとホテルのある築町へ移動
クリックすると元のサイズで表示します
1300形の赤迫行き
そして3月3日、この日は野球を観戦したあと、銀行にお金をおろしまだ乗ってなかった大橋〜赤迫の完乗へ。
クリックすると元のサイズで表示します
浦上車庫の様子。ここは5年前にクラブの合宿で見学に行ったのでかなり懐かしかったです
クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、5000形に乗ったのですが、このように搬入までの経緯がわかりやすく表示されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
赤迫駅の様子。近くには花畑がありました。まぁ、地方の路面電車にはよく見られる光景なのですが・・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
左、管理人が乗ってきた5000形と折り返す蛍茶屋行き。赤迫駅付近にてちなみに、管理人が乗った5000形は増発用だったようで、赤迫駅到着後は回送車として浦上車庫へ引き上げていきました
このあと、JRの西浦上駅まで歩きました。
クリックすると元のサイズで表示します
乗車したのはキハ67。これに乗って早岐へ向かいます。
西浦上駅発車後は市街地を走行。電車の本数がある長与駅を過ぎるとお客も降りて田園風景に、で、喜々津で本線と合流後、諫早駅に到着。諫早駅を発車後は長崎本線の線路と別れ、大村線に入る。
クリックすると元のサイズで表示します
岩松駅では国鉄色のキハ67と行き違い。
岩松駅発車後は一瞬だけ大村湾が見え、市街地に入る。大村・諏訪・竹松と大村市街を走行する。
クリックすると元のサイズで表示します
松原駅ではハウステンボスラッピングと行き違い。
クリックすると元のサイズで表示します
松原駅発車後は綺麗な大村湾沿いに走る。まさしく、シーサイドライナーにふさわしい車窓である。横は国道が。なんせこの国道は行きの夜行バスで散々お世話になった国道で、妙に渋滞していた。
彼杵駅あたりで大村湾から離れ、難読駅の南風崎(はえのざきと読むそうです)を過ぎるとハウステンボスと停車し、早岐駅に到着した。
早岐駅到着後は連絡時間1分で鳥栖行きに乗車。これに乗って久保田へ行き、久保田から唐津周りで天神駅まで移動しました。ちなみに、乗り換え時間がなかったため写真はありません、すみません。
その後、西鉄に乗車。この日はWBCの予選が福岡であったため、車内はかなり混雑していた。乗車したのは7000形の急行。ただ、乗り換え時間がなかったため天神駅での写真はありません。
発車後は繁華街を走行。春日原駅で住宅街を走行。そして、あっというまに二日市駅に到着した。
ちなみに、大宰府支線はすでに完乗済である。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、二日市駅では8000形の普通運用ち接続をとりました。福岡の人にとってはかなり当たり前の光景なのですが、関西人の私にとってはかなり新鮮でしたね。
そして、二日市駅を発車すると、同じように住宅街を走行。筑紫駅では車両基地が見え、8000形や3000形がかなり停車していた。甘木鉄道と交差すると小郡駅に到着。それから10分ほど走り、宮の陣駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
宮の陣駅ではWBCのポスターが大きく掲げられていました。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りは3000形の急行に初乗車。車内はかなり快適でした。小郡駅では停車時間があったので、1枚。
クリックすると元のサイズで表示します
そして薬院駅でも1枚。左は8000形の筑紫行き
これを撮影後、徒歩で博多駅へ移動。博多ラーメンを食べて3時に就寝しました。
3月4日は4時起床で博多駅ホームへ。鹿児島本線の始発列車に飛び乗り折尾駅へ向かいました。
折尾駅からは筑豊本線に乗り若松へ。藤ノ木駅までは市街地を走行。そこからは若松までは海沿いを走行。20分ほどで若松駅に到着した。
クリックすると元のサイズで表示します
若松駅では折り返し時間がなかったため、折尾駅でキハ31を撮影。
このあと、817系・117系・113系×3・115系×2・223系と乗り継いで途中寄り道もしながら13時間かけて大阪駅に戻ってきました。
では、最後に鈍行移動の写真館でも載せましょう(まぁ、移動時間の半分を睡眠に使いました)
クリックすると元のサイズで表示します
下関駅にて並ぶ、JR九州の415系と西日本の117系
クリックすると元のサイズで表示します
幡生駅にて分割されたJR西日本下関運転所所属の113系。このあと解体されるのでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
1063レがやってきました。名古屋からのロングランもこれにて終了です
クリックすると元のサイズで表示します
このあと下松まで移動。日立製作所笠戸支所へ
クリックすると元のサイズで表示します
甲種輸送の時に下松まで入れ替えをする日立製作所の機関車も留置中
クリックすると元のサイズで表示します
この日は残念ながらN700Aしかいませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します
そして下松駅にはこんなものが。そう考えるとすごいですね。
以上です。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ