2016/2/21

食パンと電気釜  鉄道模型
715系東北色、以前から欲しかったのですが手が出ませんでした。
何といってもマイクロエース製品である事(^^;と、更に8両セット
などという無駄に多い両数のため値段が高いというのが理由でした。


ところが先日、ヤフオクで4両セットを見かけたのであまり考えず
入札したらそのまま落札してしまいました。
届いた品物を見て、国鉄仕様だったと気が付きました。
JR仕様が良かったのですが仕方ありません。もう中古でも
なかなか見かけないので、この辺で妥協しておきましょう。

塗装印刷はとてもきれいで、心配していた造形も悪くありません。
改造先頭車側のお面の表情はとてもいいと思います。反面、
クハネ改造車はどうも何かがおかしい気がしますが、マイクロエース製品に
対してそんな事を気にしては負けでしょう。

それより驚いた事は片側先頭車のスカートが欠品していた事。

クリックすると元のサイズで表示します

呆然としましたが、どうせ元のパーツがあっても気に入らなかったに
違いないので、自力でなんとかする事にしました。

行きつけの模型屋でKATO583系のスカートを探し出しましたが
問題は左右3連ずつ並んだジャンパ栓、個人的にこれは
ぜひ再現したかったのですがどうやらこのパーツは存在しない様子。
無いものはどうにもならないのであっさり諦めました。
そんなに手間隙かける気も無いので、自宅に無数にあるパーツを
組み合わせてなんとかしましょう。

ダミー密連と胴受けは元の部品から切り取って再利用、ジャンパ栓は
KATOサロンエクスプレスのパーツを流用しました。3連ではなく2連ですが
止むを得ません。というかオーバースケールなのか2連が精一杯です。
スカート下のスノープロウは初めトミックスのパーツを付けたのですが
レールとのクリアランスが取れなくなってしまったので
製品の台車に付いていた貧弱な(笑)スノープロウをこちらにいただきました。
これでもまだクリアランスが足りない気がしますが、問題があったら
また考える事にしましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれ接着剤の効かない材質なので強度的には甚だ不安ですが
外れたらまた付け直せばいいやと開きなおってとりあえず完成とします。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道模型を再開する前、青春18切符とカメラをさげて乗り鉄していました。
わざわざ「国鉄型」を意識しなくても普通にそれが走っていた
最後の頃でしたねぇ。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ