2018/4/15

ナンバープレートの魔力  鉄道模型
クリックすると元のサイズで表示します

ED75の模型を手に入れました。

以前発売されていた、トミックスの入門用ED75とコンテナ貨車セット、
これに入っていたものです。
今になって古い模型をぼつぼつ集めているのですが、今度はこれ。

既に何両も持っているのですが(^^;
色差しやウェザリングなどいじっていない素の状態のものが欲しくなった、
というのはまぁ、タテマエでして、一体何をたくらんでいたのかと言うと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

このナンバープレートが目当てだったのです。

ED75-1000番台のスカートを700番台のパーツに取り替えて、一般型だあ
とやって喜んでいたのですが、問題はナンバープレートでした。
700番台付属のインレタとベースを使って作ったのですが、
どう贔屓目にみても出来がいまいち。

特に前面は、少しの転写のズレでも目立ってしまってとても格好が悪い。
側面は側面で、気が付くと文字が崩れていってしまう。
なんとかしたいな、とずっと思っていたのですが、オークションで
件のED75旧製品を見つけて思い出しました。

そういえばあの製品、セットオリジナルのナンバーが付属していて
一般型のナンバーも収録されていたはず。
思い立ったが吉日、早速これを落札し、仕事でだいぶ疲労しているにも
かかわらず気力を振り絞ってナンバーを入れました。
古い製品のナンバーが新しい製品に付くのかどうかとか
一切考えていなかったのですが、あっさり付きました。
最近の製品よりは文字が太めですが、付けてしまえばまったく気になりません。
これだけのことですが、以前とは比べ物にならないくらい格好よくなりました。
嬉しさのあまりこればっかり走らせています。

クリックすると元のサイズで表示します

というか、ナンバーがまだあるのでもう1両欲しくなってしまった・・・
大変まずい状況です(^^;
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ