おのせのぼんやり日記

おのせの徒然な日記をぼんやり書いてます。ややメンタル系有り。気分害したらごめんなさい。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:onose7102
>五塔さん
オイラ、昔に「忍者の資料」として「凡字」を少し勉強したのですが、結局、全部読破してしまったんですけど(苦笑)、凡字が意味してるのは、それぞれの神様への祈りや称える言葉だったり、やっぱり仏の教え「この世は「空」であり「無」である」みたいなところに行き着きましたね。...まあうろ覚えなんで、あまり詳しくは覚えていないのですが。だから、それを読んだ時に、「今、「自分」というものが、この世に「存在」していることは、素晴らしい事であって、人は誰でも「生きた証」を欲しているのかな」とか思いました。...まあ日本では、死んだらどんな宗教の葬儀であっても、最後は「骨」になってしまうのですが。
今日、一日を生きていられる事とか、そういう「当たり前」の事に感謝しなきゃな...なんて、今日、先輩の墓前でのんびりしながら、そんな事を思いました。

http://red.ap.teacup.com/onose/
投稿者:onose7102
>カズミンさん
そう、何か切なかったね。でも、大樹っちゃんが言ってくれたように、
「優の、最後の「ピース」を忘れないでね」
って言葉で、何か救われたかなぁ。
大樹っちゃんが「主役」をやった作品に「トレジャーボックス」というのがあるんですけど、その時の大樹っちゃん「天内凛」も、実は、自分が所属している会社「ブライアント社」での「実験体」で、「風斬矢尋(かざきりやひろ)」という、別の人格を植え付けられていて、その人格との狭間で葛藤するんですが、最後に凛は、
「俺は...俺は...天内凛だ!!!」
って、「風斬矢尋」に打ち勝って、自分を取り戻します。そして、最後にブライアント社を辞めます。それは「誰かに命令されて、宝探しをする」のではなくて、「自分の力で、それはそれで危険や迷う事はあっても、自分の力で辿り着いた時、そこに「何があるのか」、というか、無くてもいい。もっと自分の心で、ワクワクドキドキと冒険がしたい」という、自分の本当の心が戻った証拠。
...凛ちゃんは、正直、大樹っちゃんと似てるところがあるんですよね。いっぱいいっぱいになるところとか、宝(大樹っちゃんからすれば、観てくれてる人とか)に対してすごく真っ直ぐなところとか。仲間思いなところも。だからオイラは「*pnish*に出会えて、すごく「心の栄養」を貰ってるな」って思ってて、感謝の気持ちがありますね。
カズミンさん、7月は「*pnish*Birthday+on」ですからね。いっぱい笑って、*pnish*のバースデイを、お祝いしようね!

http://red.ap.teacup.com/onose/
投稿者:五塔
青雲さんも大変そうね。
何でかなぁ〜?折角この世に元気に産まれて
来たのにね。
もっと生きる事に自由になれたら、楽なん
やけどね。
先ずは、執着を断つ事から始めないとね。
キリストさんに釈迦を説くのも何やけど
物事には、全て因果と言うものが作用して
ると思うのよね。
空を意識する事で、自我から開放され
真理に同化する道筋が見えて来ると
思うのよね。悟りまでは、到底到達は
し得ないけんどもね。
私をあまり意識しない事で、執着を
弱める事が出来ると思うのよね。
友情や愛や優しさや安らぎでも
執着すると、歪んだり壊れたりすっからね。
欲に執着すると澱むしね。
まぁ〜俗人のおらにも難しい事だけどね。
私に執着しない事で、視点も開放され
心の自由も得られると思うのよね。
自我なんて言っても、よくよく意識して
みれば、無いに等しいものやからね。
私を無くせば、必然的に悲しみや虚しさ
や寂しさも、薄れるし、作用も弱まる
と思うのよね。
キリストさんも、神の慈愛に同化しなさいと
説いてると思うのよね。
私への執着を薄めないと、同化する道筋も
見えて来ないし、心の平和と自由も
得られないと思うのよね。
まぁ〜折角誕生した、この世なんだから、
幸せに過ごさないと損やからね。
苦しみと疲れと、悲しみの引力から、開放
される日が来るのを祈っております。

http://ameblo.jp/tukumo99dasu/
投稿者:カズミン
アヤカシはよかったよね。
優はとても純粋で真っ直ぐな人。
自分を犠牲にしてみんなを守る・・・凄いなって思います。
よいお話だったよね。
そう、切なさもある・・・。
いい意味で色々と考えさせられるお話でした。
投稿者:onose7102
>青雲ちゃん
「〜しなくちゃ」って言葉で、自分の心に鎖を巻きつけているように思います。
おそらく先輩は、切っても怒らないでしょう。オイラも何度もつまずいて、
「ごめんセンパイ。また切っちゃった」
って報告すると、傷口を診てくれて、
「こりゃ、剃刀だろ」
「...御名答デス...」
「俺が言った言葉を忘れるなよ。「これがあるからいつでも切れる。いつでも切れるなら「今」じゃなくてもいい」...屁理屈だけど、そう思えれば、一回、自傷を我慢出来るんだ。...まあ俺は物に当たるヤツだから、壁に穴開けたり、タンス壊したりして、拳に痣作ってるから、正直、お前には「止めろ!」とは、強く言えねーんだよ。だから、切っちゃったもんは仕方がない。でも、そこからまた「○日、切らずにいられたから、次はもう少し記録を伸ばしてみよう」で、いいじゃんか」
って、よく言っていました。

まずは、絡みついた鎖を、ゆっくり解くことから始めてみませんか?
誰だって「天寿」が来たら、死ぬんです。
だから、死に急ぐことはないんですよ。
「自分との戦い」と思うから、人生が「戦場」になってしまう。「戦い」ではなく「自分で自分を受け入れる」のが大事なんじゃないのかな?良い自分も、悪い自分も、全部ひっくるめて「私」なんだよ、って、自分を認めてあげてください。

http://red.ap.teacup.com/onose/
投稿者:青雲
涙が止まらない…自分と自分の戦い…もう走れない…それどころか歩けない…身体が重くて…月曜の夕方までには元に戻るから。。。
強い自分と、もう限界の自分…もう戦い疲れた…。逝ってしまう前に書いておきたい事はたくさんある。犬塚先輩を忘れちゃいけない…。我慢しなくちゃいけない。。。でもここでは死ねない、死パイをかける事はもうしないよ。

http://blue.ap.teacup.com/uchuujinn/

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

kitt

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ