URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

2015 Nice Shut Out !!



2015-09-06 新潟戦 3-0


2015-08-16 湘南戦 1-0


2015-06-07 清水戦 1-0


2015-05-02 G大阪戦 1-0


2015-04-04 松本戦 1-0


2015-03-14 山形戦 1-0

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:赤豆
ライ様
お久しぶりです。
ちょっと呆然としていましてお返事が遅れて申し訳ありません (^-^;;

今季のレッズはチームとしての確固たる戦い方を持っていません。
相手の出方をうかがい、相手の長所を消すことに心血を注いでいるようにみえます。
個の力を活かす組織となっていない、個がバラバラに戦っている感じがしています。
本当に個の力で勝つ試合なんて、年間に何試合もないと思っています。
個に強烈な個性があったとしても、結局は個を活かす組織がなければ勝てません。

闘莉王にすべてをやらせてしまっているようで、フロントの対応には不満があります。

ACLも終わってしまって呆然としてしまいましたが、
また立ちあがって、前を向いて、このチームと一緒に進んでいくしかないと思っています。
フロンターレの方が今は順位が上になっていますがまだまだ諦めてませんよ (^-^)/
最後まで全力で戦っていきたいと思っています。
投稿者:ライ
お久しぶりです。
フロンターレも同じような事をやっています。
清水戦では、基本のパスを繋ぐ事さえままならない、中村のコメントは「全てがバラバラだった」です。
試合終了前に帰りたい、審判の笛が鳴らないかなと思った程でした。
レッズと神戸の試合はダイジェストでしか見ていませんが、闘莉王が泣いていたのが印象的でした。
他サポから見れば憎たらしい存在ですが、彼の試合と勝利にかける姿には、共感しています。
怪我で出場が危ぶまれた彼が出場して(ACLを考えると本当に出場すべきだったのか?)いるのさえ不思議だったのですがね。
レッズは個の実力があるので、それに偏ってしまうのですかね。
フロンターレは、個よりチームと思っています(ブラジル人では多少ありますけど)
だから歯車が狂うと穴だらけです。
両チームとも、残り5試合。
最後まであきらめずに、勝ち上がって行きたいですね。


http://blog.mind-1.net/

We are REDS!

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ