URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015 Nice Shut Out !!



2015-09-06 新潟戦 3-0


2015-08-16 湘南戦 1-0


2015-06-07 清水戦 1-0


2015-05-02 G大阪戦 1-0


2015-04-04 松本戦 1-0


2015-03-14 山形戦 1-0

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:赤豆
うらうら様

こんにちは。コメントありがとうございます。
運が味方したと自分は思っています。試合内容では完敗でした。
いまはもう昨年と比べたり、内容を求めるときではないと感じています。
もちろん、昨年よりも進歩し、内容も圧倒できるにこしたことはありませんが…。
残留するために、負け試合にならず勝ち点1を得たことを評価したいです。

そして今季はどんな結果になろうとも満足出来ることはないだろうと思います。
残留しても満足などできるものですか、ただホッと胸をなで下ろすだけです。

もちろん勝ち点1を得ましたが状況は残留争い真っ只中です。
浦和レッズが残留するためには、残り7試合の中で半分以上の4勝が必要です。

しかしどんな結果が待っていようとも、
自分は残留を信じ、選手を信じ、声を出し続けるだけだと思っています。
投稿者:赤豆
いつき様

こんにちは。コメントありがとうございます。
自分も選手の100%の気力、意思を感じられる試合だったと思います。
ただし、それでも勝ち点1を得ることが精一杯だったというのが現実です。

残留に向けてとても苦しい戦いを強いられている選手たち。
今日の試合を見て本当にもう選手に託すしかないと改めて確信しました。
選手にはどんな状況になろうとも、決して諦めない心を失わないで欲しいです。

顔を上げ、前を向き、浦和レッズのために戦おうという選手がいるのならば応援するだけです。
最後にどんな結果が待っていたとしても、いまの自分は残留を信じて、
浦和レッズを愛して、浦和レッズのために戦う選手を信じ、声を出し続けるだけと思っております。

スタンドからピッチに降り注ぐ声は、絶対に選手に届いていると自分は思います。
選手に届けと叫ぶサポーター声と、諦めずに戦う選手の魂だけの大切な時間だと思います。
埼玉スタジアムでは、選手が恐れることなく、自信を持って戦える雰囲気を作りたいです。

そんな声援を選手に届けたいです。
投稿者:うらうら
こんにちは。
選手が頑張って運を引き寄せたのか?ただ単に運が良かっただけなのか?
ただ、去年鹿島と互角の試合をできるようになっていた時からすると後退はしてます。
監督はお尻に火がついた状態で、引き分けで満足してる場合じゃないぞと。
投稿者:いつき
こんばんは。

鹿島戦は久しぶりに選手の100%の気力、意志が感じられる試合でした。
甲府がG大阪に勝利したことで、浦和との勝ち点差は2に縮まりました。
優勝を目標に掲げながら、残留争いの真っ只中にいる今季の浦和ですが、
ずるずると順位を落としていく姿を見て、私自身、「スタジアムに行ってまで・・・」と感じてしまう時期もありました。
しかし、赤豆さんの仰るようにピッチに立つ選手達の目は諦めていません。
勝利こそできませんでしたが、今現在の浦和が出せるチームとしての全力の結果が勝ち点「1」なのでしょう。

迷走するフロントも、采配や言動に疑問符がつく監督も私は支持できません。
しかし、ピッチで飽くなき執念を見せる選手がいる限り、残り試合埼スタに足を運ぼうかと思い直しました。
私情により、ホームしか参戦できない私ですが、その一人ひとりの声、手拍子が選手の次の一歩になることを信じます。

We are REDS!

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ