URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2015 Nice Shut Out !!



2015-09-06 新潟戦 3-0


2015-08-16 湘南戦 1-0


2015-06-07 清水戦 1-0


2015-05-02 G大阪戦 1-0


2015-04-04 松本戦 1-0


2015-03-14 山形戦 1-0

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:赤豆
うらうら様

こんばんは。
PCもそろそろ買い換え時なのですが貧乏なので頑張ってまだ使い続けます!
天皇杯はどちらかといえばヴェルディの方が得点チャンスが多かったと思います。

でも、レッズは自分たちがやることがかなり整理されてきていて、
選手達から迷いのようなものを感じることが少なくなってきたと思います。

バックパスは多かったと思いますが、それはどちらかといえば受け手側の問題で、
分かっているんだけど、まだそれをピッチで表現出来ないという感じに見えました。
落ち着いてボールを回し、焦ったり、慌てたりすることが少なかったと感じます。

縦に早い攻撃が好きな人が多いので、スタジアムは少しザワザワしましたが、
選手たちはそれに惑わされることなく、信念を持ってやっていたように見えました。
ただ連係についてはまだまだ時間が足りないという感じでしょうか。。

ヴェルディが頭からガンガンきていたら混乱したかもしれませんが、
トーナメントの大会ですから勝利し次に進めたことは良かったと思います。

守備を安定させ、どうやって点を獲っていくのかやらなければいけないことは多いです。
それでも選手たちには、どこを目指してやっているのかが見えているように感じました。

少なくとも試合中は選手を信じて見守りたいと思っています。
投稿者:うらうら
こんにちは。PCの復旧おめでとうございます。
天皇杯の試合は見てないのですが、レッズはかなりボールを回してバックパスをすることがあった試合だったようですね。
レッズの試合でボールを回してバックパスをすると、会場のサポがイライラするのではないかと心配になってしまいます。無理やり前線に入れて取られるぐらいならバックパスして組み立直したほうが全然いいし、スピード感無いけどもポゼッション高めて崩していくサッカーも良いと思うんですよね。

We are REDS!

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ