URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015 Nice Shut Out !!



2015-09-06 新潟戦 3-0


2015-08-16 湘南戦 1-0


2015-06-07 清水戦 1-0


2015-05-02 G大阪戦 1-0


2015-04-04 松本戦 1-0


2015-03-14 山形戦 1-0

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:赤豆
うらうら様

お疲れさまでした。本当に残留してよかったと実感しています。
優勝を目標にと言っていた言葉は最初から実現出来る実感はありませんでした。
このままでは残留争いに巻き込まれるという予感も早い時期から感じていました。
自分は橋本社長にはブーイングはしませんでした。ブーイングする気も起きませんでした。
何も感じていない人にブーイングをしても、何も伝わらないし、何も変わることはありません。
藤口さんと比べること自体、藤口さんに失礼なことだと自分は思っています。

橋本さんの挨拶は現地では聞こえませんでしたが、帰ってから映像で確認しました。
2009年、2010年に対するクラブの評価は “悪循環” という認識なのでしょう。
そういう認識であるうちは、浦和レッズが本当にクラブとして成熟することはないと思います。

クラブが何をしたいのか、どんなサッカーを目指すのか、そこを示せないのであれば、
フィンケ監督のあとに、誰が監督をやっても、いつかは同じことを繰り返すだけです。
成功すればそれは幸運。失敗すればまた人を変えて一から作り直すだけです。

多くの大切なものを失い、必要のないものだけが残った、それが分かった1年でした。
投稿者:赤豆
いつき様

お疲れさまでした。
わたしも一番の気持ちは「安堵」でした。
今季は埼玉スタジアムでほとんど勝てませんでしたね。
リーグで勝ったのはいつのことだったのか思いだすことも難しいです。
柏の優勝を目の当たりにして、もちろん悔しいとは思いますが、
数年前に鹿島に優勝を決められたときのほうが数倍悔しく感じていました。
今回はただ静かに柏の優勝の瞬間を受け入れ、残留できたことに安堵しました。

チームを残留させるというタスクを達成してくれた堀監督には感謝しています。
本当は苦しまなくてもよいことで苦しんでいるようで見ているのが辛かったです。
もう自分はレッズのサポーターではないのかもしれないと感じた1年でした。

埼玉スタジアムが笑顔が溢れる幸せなスタジアムに戻る日が来ることを願っています。
投稿者:うらうら
こんにちは。

残留してよかった。
ですが、社長が優勝を目標にと言っていたチームが残留で良かったってなんたる結果、それもギリギリで。アホか!
社長は当然大ブーイング浴びてましたが、多分前社長よりさぽの怨嗟の気持ちは強いでしょうね。あと挨拶で08年からの悪循環と言ってましたが、フィンケ監督の2年は一定の方向にしっかり進んでいて、それを社長が今年に逆回転させたと思うんですよね。(フィンケ支持の私の見方・・・)
まだ天皇杯もありますが、レッズは本当にしっかりしたクラブになることができるのでしょうか?

堀監督本当にありがとうございます。
投稿者:いつき
こんばんは。

ただただ苦しいだけの2011シーズンでした。
フロントへの怒りなど、様々な思いが終了後よぎりましたが、今一番の気持ちは「安堵」です。
数年前までは相手チームにとって脅威であった埼スタで、選手達がもがき苦しむ姿を今年はもう見なくて済むかと思うと、なぜかほっとしてしまうのです。
そんな自分にも憤りを感じてしまいます。

We are REDS!

過去ログ

メッセージBOX

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ