2019/6/3

JZX90 ファン カップリング化  

ドモ。




相変わらず暑い日が続いていますが・・




まだ6月なんですよね。。
今年の夏も暑いのかなぁ・・




暑いのはあまり得意ではないので・・




ただ低体温&鼻炎持ちの自分にとっては、鼻は少しだけ調子よくなります(笑





前回のブログ見て、慌ててランプフェイリア点検した人も多かったんじゃないかな(^^)





それなりに反響あったので。。





これから梅雨ですからね、リアトランクの雨漏り対策はしっかりやっておかないと!ですよ〜





話は変わりますが、ウチでは定番になりつつある油圧ファンからカップリングへの変更。





先日はJZX90でカップリング化しました。




ことの始めは、水温の上昇&ヒーターで冷風しか出ずの症状。




水温はアイドリングで90℃越え、街乗りでは100℃を越えます




ダッシュ外してエアミックスサーボを点検したりヒーターコアやヒーターバルブを交換したり・・




室内側は問題なしとの結論で、エンジンルーム側の点検。水がちゃんと流れていないのかなぁとのことで、試しにヒーターバルブのIN側ホースを外してレーシングしても・・





まったく水が出て来ない・・orz
というかチョロチョロという感じですね(苦笑




こりゃぁヒーターコアにも水は行かなわいわなと原因を探り・・




もうウォポンしか考えられへん!




ということで、ロアホース外して、サーモも外して・・




こうするとウォポンの羽に触る事が出来るんです。。



羽の形状は欠けている様子は無し。



まさかなぁと羽を回して見ると・・・




プーリー側はベルトのテンションで回らないのに羽側はぐるぐる回ります・・orz




プーリー側はベルトで回っていても、羽側は冷却水の抵抗に負けて回っていないということですね





これは致命的な故障ですよ。だって羽が回らず冷却水が流れないんですから。。




さっそくウォポン、油圧Assyを取り外して、割って見ると・・

クリックすると元のサイズで表示します

見事に羽にクラックです・・
ナットは緩んでいないですが、何らかの原因で羽にクラックが入っていって、回らなかった?回りずらくなっていた?ということでしょう。




しかも羽の軸は、ミッションのインプットシャフトやドラシャみたいなスプラインになっているわではなく、ただナットで止まっているだけ。(ちなみにここのナットは逆ネジです)




羽が割れるか、ナットが緩めばガタガタになるのは想像出来ます・・




ということで、油圧ファンはさっさと見切りをつけてカップリング化です。




90の場合は70と違って、まずラジエーターは使えなくなります。。
油圧ファンのためのレイアウトでサイドタンク式のラジエーターですからね。
ファンとロアホースがガッツリ当たります。




ウォポンは例によって100ターボや30ソアラターボでOK、ウォポンプーリー、カップリング、ファン、シュラウド、ラジエーターはJZX100ターボ、100NA、GX100、JZX90NAから最適なものを組み合わせて使います。




シュラウドはGX100も付きますが、あまりお勧めしません。
他のは小さい電動ファンがついているので、配線追加して電動ファンを回るようにしてあげれば冷却対策になります。

クリックすると元のサイズで表示します

ラジエーターホースは100ターボ用がそのまま使えます。ちなみに100NA用は使用不可です。




とりあえずはノーマルのラジエーターで製作して、果たして水温は・・・




アイドリングで80℃弱〜80℃、峠では90℃を少し越えるくらい




もちろんヒーターも出るようになって全て解決です




今後またウォポンにトラブルでても、今度はフロント部の交換ですむ場合が多いので安く済みますね〜




サーキットでも安心ですね!

クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ