Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
お返事有難う御座います。tettaさん。

>いやいやロジック的には完璧な仕様書ですね。
プログラム用の仕様書は初めて書きましたので、伝わるかどうか少々心配しておりました。

>ストリームで一括読みするか分かり易くバイト読みするかによって配列の使い方を若干変えるかもしれませんが・・・。
なるほど、やはりそういう手があるのですね。私が買ってきたVB入門書ではストリームの手法しか記載されていませんでしたので。昔の記憶では確か1つずつ読んでいくはずだよなぁと思っていました。

>ロジックよりファイル選択とか画面の体裁を整える方が時間がかかりそう。(笑)
私にとっても同様です。ExcelVBAで数値を動かすことしかやっていなかったので、画面まわりの作り方が全然わかりませんでした(笑)。ファイルの入出力も縁がなかったですし。

>こちらでもテスト用VRLを起こしてみますが、Zioさんのほうでも確認してみたいVRLがあったら送って下さい。テストしてみます。
一番上の画像の第3期型CVBを創業祭中に公開いたしますので、これ用のVRLも一緒に公開しようと思います。
投稿者:tetta
どーもです。
VRLの存在自体知らなかったのでちょっとレイアウターに出動してもらいました。
ビットマップじゃないVRM4地形ファイルのことですね。
最近通信系のトラブルも無く久々にバイナリーエディタを開いて見てみました。(笑)
いやいやロジック的には完璧な仕様書ですね。ストリームで一括読みするか分かり易くバイト読みするかによって配列の使い方を若干変えるかもしれませんが・・・。
ロジックよりファイル選択とか画面の体裁を整える方が時間がかかりそう。(笑)
来週中頃にまとまった時間が取れる予定なんで早速作ってみます。
こちらでもテスト用VRLを起こしてみますが、Zioさんのほうでも確認してみたいVRLがあったら送って下さい。テストしてみます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ