Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
どうもお付き合いいただき有難う御座います。

この記事は技術屋の理論なので、これを万人に押し付けようなどという考えはありません。ただ、どうしてもスクリプトを習得したいのであれば、現状では同じ土俵に立たざるを得ないと思いますので、技術屋の立場として書いてみました。

質問の仕方に関しては、少々厳しい書き方をしましたが、若い人たちにも早いうちにこういうものだということを知っておいて欲しいと願っております。そうすれば、現実社会でもきっと役に立つはずですから。
投稿者:tetta
Zioさん、こんばんは。
>命令群をフローチャート上でドラッグ&ドロップしたら・・・
まさしくコレでスクリプトが自動生成されたら最高。やりたい人はその上でスクリプトを触るみたいな。
「○○がわかりません。教えてください。」って質問される、一般的に若い世代と思われる方々への救いになるでしょう。
ある意味それが無いのでスクリプトを使うしかない方の悲鳴のようにも感じられます。
>そういう質問をする人には・・・
には激しく同感ではありますが。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ