Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
そうですね。上2行が慣れていないと出てこないんですよね。(まぁ私も忘れてエラー出す時もありますが(笑))

この2行分とかの「例」というか「流れ」を記載してくれれば、大分わかりやすくなるはずなんですけどね、アレに。
投稿者:USO800鉄道
これは便利ですねぇ。

私はいつも
「SCRIPTウィザード」で
「カメラ」の
「キーで地上カメラを操作対称にする」
で「Aキー」等を指定して、
ビューワーが立ち上がってから「Aキー」で
カメラを切り替えていました。
これで、ひと手間省けます。

ただ、
VarCamera cam
get cam, "作業カメラ"
SetActiveCamera cam
の上2行の存在は
素人の私には厄介です。

何も知らないままトライしていたら、
SetActiveCamera "作業カメラ"
と1行書くだけで、
「なんで動かないんだー!」と試行錯誤&発狂していたと思います。

ありがとうございます!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ