Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
>junnichi/櫻隼両氏の功績をたたえるべく補足しておきます。

了解です。両氏の功績は十分に存じておりますので。

ただ櫻隼さんご本人が御自身の「夕闇の駅」のコメントの中で、「実は屋根ビームのアイディアは、ghost氏が以前に大阪環状線の動画で行っていたことをマネしただけです。」と書かれていたので、ガードレールを使う手法の大元はghostさんであろうと思っていました。

http://sakura-hayabusa.at.webry.info/200711/article_1.html
投稿者:ghost
> ghostさんの「ガードレールによる三角壁のアイデア」

ご本人に聞かないと断定できませんが、ノイシュバンシュタイン城も同じコトをしているはずで、厳密には“ghostさんの”ではないです。

また、ガードレールをこの手の造詣に使う手法は、櫻隼氏の先行事例(2006年度レイコン大賞作)抜きには語れないところです。

揚げ足取りではないですが、junnichi/櫻隼両氏の功績をたたえるべく補足しておきます。
投稿者:zio
無理矢理ストラクチャを作る方法としては、1つの「作りたいもの」に向かって頑張って作り続けるという方法があると思いますが、今回のようにコレとコレを組み合わせたら、こんなパーツになるだろうという「要素」を作り貯めておき、後で使える時が来たら使うという方法もあると思っています。この「要素」を作っておくと、いざという時に例えそのまま使えなくても、この辺を組み合わせれば出来るんじゃないか?という目処が立ちますので、結構やりやすいだろうと思っています。
投稿者:USO800鉄道
(続き)
素晴らしい!のひとことでした。
レールで屋根の雰囲気は
工場とか、体育館施設(すでにストラクチャーではありますが)などなど比較的大きな施設は特に似合うんじゃないでしょうか。
アイデアいただきマンモス(です)!
投稿者:USO800鉄道
おお!レールで屋根!!目から鱗!!アイデア(発想・思いつき)が凄いですねぇ!レールで屋根は思ってもみなかったです。今、PCに向って拍手喝采中です!
これからDLしてみます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ