Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
はじめまして、trs2004jpさん。「矢橋ホキ支援を支援」の時は有難う御座いました。

さて、教えていただいた「RailSimulator」はこの前アキバで見かけました。なるほど、そういう背景があったのですか。「RailSimulator」はDirectX9用みたいですから、これを「D3D10対応にしてMSブランドで」ということかもしれませんね。

「MSTS1」はやったことがありませんが一応シーナリーが作れる「電車でGO」みたいなモノのようなので、確かに「VRM」や「Trainz」とはちょっと違うみたいですね。とりあえずは「MSTS2」の表現力等が他のTrain Simulatorに良い影響を与えてくれないかなぁと願っています。
投稿者:trs2004jp
はじめまして。
Train Simulator2は一度製作中止になったと聞いていたので、2009年発売にはちょっと驚いています。しかもムービーがもう出来てるんですね。

Kuju
http://www.4gamer.net/games/022/G002241/20060828141511/
のRailSimulatorがマイナーすぎて売れないのでマイクロソフトのブランドで売ることにしたのか、それとも別システムで新規開発したのか、興味がありますね。
マイクロソフトは、VBもWindowsもそうでしたが、ヴァージョンがあがるとだんだんまともな製品になってくる伝統があるのと、MSTS1はそうでしたが、サードパーティーがアドインを作って参入できるシステムにするので、商売上手だと思っています。
ただVRMやTrainzとはまったく別のゲームシステムなので、VRMやTrainzとは棲み分けになってしまうと思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ