Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
そうでしたか。
VRM4第2号は一番高価ですしね。
了解です。
投稿者:t.niwa
実は私VRM4の2号は持っていなくて……
もう少し安ければ買うんですけどね、財布にはちときつい値段です……。

いずれ2号を買ったら見させてもらいます!

投稿者:zio
はじめまして、t.niwaさん。

「対決」というのは言葉のアヤですので、あまりお気になさらぬように。そもそもレイアウトに勝ち負けなんてないですし(笑)。

「LAYOUT SUPPORT BOOK」のVRM3用レイアウトは幾つか公開されているのに、VRM4用レイアウトが公開されていないのでは、VRM4ユーザーとしては寂しいところでしたので、t.niwaさんの「PLAN-7」公開をきっかけとして、VRM4版を公開させてもらったという事ですので。

もしVRM4第2号をお持ちでしたら、ご覧になってみてください。線路配置自体は同じものですが、「VRM4だとスクリプトによってこんなことが出来るんだ」というVRM3とVRM4の違いが多少は表現出来ているだろうと勝手に思っていますので。
投稿者:t.niwa
zioさんはじめまして。

>「PLAN-7」の競作対決……
との事ですが、zioさんのレイアウトはワンパッケージで済むのに対して、私のは3(2)パッケージも必要です……。
さらに、私のは地面がそのままですが、zioさんの物はちゃんとテクスチャを張替えている、という点で、「PLAN-7」の競作対決は私の負けですかね。(笑)

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ