Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
はじめまして、ktkrさん。
ktkrさんのブログを拝見させていただきましたが、音も綺麗ですし、操作性も良く素晴らしいですね。こちらこそ、これからよろしくお願いいたします。

私もDR-1に関しては、通常の乾電池が使えればパーフェクトなんだがなぁと思っていました。外に出た時にはやはり乾電池が使えるかどうかというのは、いざという時には大きいですからねぇ。
投稿者:ktkr
はじめまして。私もDR-1を使っています。これまでいくつかの機材を用いてきましたが、これはかなり音鉄向きと思います。大きさも質感と考えれば、苦になりませんしね。鉄橋と言えば、万葉線の庄川鉄橋が良い感じでした。今後ともよろしくお願いいたします。

http://www.voiceblog.jp/ktkr/
投稿者:zio
はじめまして、はやぶささん。

早速「音轍〜その5」を拝見し、いきなりマイク前にポップガードが付いているのを見て「スゲェ〜」と思いました。今回の録音で風の音というものが結構厄介なものだなぁということを初めて感じたのですが、やはり色々と対策をとらねばならないようですね。録音に関しては全くの素人ですので、今後の記事を楽しみにし、参考にさせていただきたいと思っております。

徐々に機材を揃えて近場で練習しVRMで使えるような音が録れるようになったら、北八高線でキハ110の音を録音するのが今の私の目標です。
投稿者:はやぶさ
Zioさんこんばんは。はじめまして、はやぶさと言います。
音鉄というキーワードにつられて飛んできました(笑。今後ともよろしくお願いします。

僕なりに音鉄に付いてまとめてみようと思いBlogで記事を書いています。一気に書くつもりで始めたのですが中途で止まってしまったのが悲しいところですが・・・多少なりとも参考にしていただければ幸いです。一応トラックバックさせて頂きました。またお越しくださいませ。


http://blog.goo.ne.jp/bluebluejumbo/e/52a785ef5d5b0febcc34d9c47c8ff9dd
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ