Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
「計画性が無い」と卑下する必要は全くないと思いますよ。「とりあえず信じてみよう」という考えは、ある種の日本人の美徳ではないでしょうか。ただ社会全体のモラルが低下してきているから、結果として「損をする」確率が上昇しているということに過ぎないと感じます。相手が信頼するに足り得る相手かどうか、それを見極める力さえあれば全く問題のない話ですし、何でもカンでも疑ってかかるのは息が詰まるし、コミュニケーションがうまくとれなくなるだけですよ。
投稿者:USO800鉄道
>駄目になったら駄目になったでイイじゃん
正にコレでございます。
悪く言うと「私に計画性が無い」のかもしれません。笑

今日現在でVRMをより楽しむには
V4よりもVOの方が
私好みの表現力や機能があるので、
提案されている価格で支払えるなら
支払って今日現在を楽しんじゃお。
みたいな感覚です。

本当はその後に待ち伏せしている
リスクなども視野に入れないと
損をするとは思うのですが、
行き当たりばったりな私には
そこまで考えれないという性格が
災いしています。(^_^;)笑
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ