Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
MAXのクローンは、私も最初は意味が解らず、解説本を買ったぐらいです。

>チュートリアルページに追加
気にせず、好きにやってください。

なお「Trainz Asset Creation Studio」の部分的日本語化については書くかどうか迷っているところです。チュートリアルが英語なので、下手に日本語化してしまうと反って分かりづらいかなぁと。
投稿者:USO800鉄道
このチュートリアルページに追加させていただきました。(無断ですいません。)
http://www.yamagishi-doh.com/uso800/trainz_tutorial/

http://www.yamagishi-doh.com/uso800/trainz_tutorial/
投稿者:USO800鉄道
そうか、「インスタンス」とかはそういう意味がありましたね。言われてみれば違うソフトで「インスタンス」を使ってました。
普通にクローンして、お互い変形すればいいと思い込んで、それ以上の便利ツールの事は考えていませんでしたが、ちょっと頭に入いりましたので、次回から使ってみます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ