Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
最近私もTS2009は動かしていないです。と言ってもTRS2006なんで大差ないですが(笑)。

>I社も「街渠」物は作れまいノぉ〜。
街渠を再現しようとすると色々と面倒な部分があるし、基本的に鉄道車両のことしか考えていないでしょうから、製作は可能でしょうが多分やらないでしょうね。まぁ、それを見越しているからこそコッチは製作している訳でもありますが。

>「形(線路一本の厚み、幅)」がバラバラで収拾がつかぬ(汗)
鉄橋の場合には線路をアタッチしているので、Configを書き換えて使用線路を変更するという手もありますが、まぁ面倒ですわな(笑)。そのうち、日本の情景用としてアセット製作者が線路等を統一規格化する動きも必要かもしれません。

>列車群はモデラーが増えて喜ばしい限りじゃ!
私もたまに車両をモデリングしたいと思う時もありますが、今は未だ我慢。日本の情景を作るためのインフラ整備が最優先です。
投稿者:漆黒
こんにちは。
小生はチョイトTS2009はお休みじゃが…。zioさんの自作品を眺めて「日本」の雰囲気がヒシヒシと伝わって来ますヨ!!。I社も「街渠」物は作れまいノぉ〜。(実際は欲しいのじゃが、採算が合わぬか?)TSの嫌いな点も見えて来た「線路と鉄橋」の線路幅が違ったり「形(線路一本の厚み、幅)」がバラバラで収拾がつかぬ(汗)列車群はモデラーが増えて喜ばしい限りじゃ!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ