Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
>TS復帰にはJP関連物が揃った時点で再度挑戦したいと思っております。
そうですねぇ。それが無難でしょう。日本のレイアウトを作るためには、現状ではまだ足りないものばかりですから。

当初レール関係はKenichiro氏の列車群に合わせて「標準軌」のままでいって、2009年内にそれらしい形が出来るようにしようかと思っていましたが、啓明氏やHirochi氏が狭軌でモデリングしていっているようなので、今は軌間1067mmに切り替えようかと思っています。そうなると多分年内は無理でしょう。

Trainzを始めてから1年になる来年5月ぐらいには何とか形にしたいところですが、どうなるでしょうかねぇ。まぁ、Trainzを始める上では、最初から年単位の開発になることを覚悟していたので、そんなに焦ったりはしていませんが(笑)。
投稿者:漆黒
今晩はzioさん。
>1067mm 3feet6inch 日本で最も多い「狭軌」でJR在来線・私鉄など多数。Trainzでは結構少ない。
矢張りねェ?列車軸距(トレッド)ズレて日の丸列車系ではTSで公開されているものだと寸足らずで…でもチャンと動くのが不思議(笑)VRM感覚でお気軽に配線する事が難しいのが現状、レールは全てフレキシブル(一部は除く)なので直線を描くのに、これ程苦労するとは思わなかったですヨ(汗)TS復帰にはJP関連物が揃った時点で再度挑戦したいと思っております。モデリンングは諦めました(笑)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ