Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
テクスチャーは既に作った道路と線路のものを利用しますし、形状はモデリングと呼べるようなレベルのものでもないでしょうから、着手してしまえば完成は早いだろうと思いますが、いつ頃着手できるようになるかは未だ不明ですので暫しお待ちください。

人形作りは、また別ジャンルのモデリングの世界ですからTrainzユーザーで専門的にやっているような人はあまり居そうにないですねぇ。
投稿者:hirochi
軌道の完成楽しみにしています、よろしく。

後は、日本人の乗客を誰か作る方いませんか!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ