Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
製作当初は軌道がよく見える写真が見つからず(皆車両を中心に撮影されているので)、形状やパターンが決まらなかったのですが、今は工事中等の軌道を中心に撮影した写真が見つかっているので、併用軌道部のほぼ全線の形状が把握できています。今のところ8パターンが完成し、残り2パターンありますが、富山ライトレールの併用軌道部は短いので全線再現も不可能ではないかも。

架線は何度か修正し、パンタグラフの接触面に合わせています。既存の架線柱とは微妙に高さが合ってはいませんが、そんなに目立たない程度なので問題はないでしょう。
投稿者:hirochi
それと、架線ですが参考にしたTRAM GT6 に合わせています、Kenichiro氏の架線にも近いので。
投稿者:hirochi
かなり進みましたねぇ。
KATOのユニトラックより汎用性があるので、市街地の作成が楽しくなりそうです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ