Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:新電
参考になりました。ありがとうございました。
投稿者:zio
興味深い内容ですので少し試してみました。以前やった気もしますが、もう忘れたので(笑)。

Shade Professional R10.5にて書き出し(Pro版じゃないと3dsやlwoは書き出せません)。
また、Shadeが書き出す3ds用のテクスチャはBMPとPCTの2種類のみ。lwoは色々。

−−−*−−−*−−−*−−−

@木目(Shadeのプロシージャテクスチャ)の球をポリゴンメッシュ化
テクスチャ消滅。アンビエントカラーのみ再現。
blender読み込みOK。gmax読み込みOK。
lwoでも同じような結果。

Aアルファ用テクスチャで透過させた球をポリゴンメッシュ化
テクスチャ消滅。アンビエントカラーのみ再現。
blender読み込みOK。gmax読み込みOK。
lwoでも同じような結果。

BBMPをテクスチャーに使った球をポリゴンメッシュ化
テクスチャ保持。
blender読み込みOK。gmax読み込みNG。
lwoでは実験せず。

なお、アンビエントと画像テクスチャ以外の表面材質の項目についてはblenderの操作をよく知らないので不明。レンダリングして再現できているかどうかだけを確認。

−−−*−−−*−−−*−−−

<結論>
shadeの表面材質設定は3dsに変換して「極めて部分的」にblenderに持ってくることは可能である。

ザックリですがこんな感じですね。Shadeのプロシージャテクスチャが受け渡せないのは予想通りだし、gmaxではテクスチャを付けると読み込みすら出来ない。blenderでは一応読み込めたけど、Shadeで設定しても特にメリットは無さそうなので表面材質の設定はShade上でやらずに、最終出力となるblenderやgmax上でやる方が無難だと私は思いますよ。

以上、参考までに。
投稿者:新電
こんにちは。突然の質問ですが、shadeで作成したものを表面材質のデータを保持したまま、3dsに変換してblenderに持ってくることは可能ですか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ