Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
3Dモデリングというだけでもそこそこ敷居が高い上に、Trainzが英語版というだけでなくモデリングツールも英語版という状況は、ハードルが高いから出来ないという以前に、そもそもやろうという気がおきない状況ではないかと思いますね。もしかすると、それでも日本でTrainz用のモデリングしている人が数名いるという今の状況の方が驚くべきことなのかもしれません。
投稿者:hirochi
Nゲージを、お金を出して買う人は多いが、一から自作する人は少ないのと同じで、アセットを作る人も少ないのでしょうか?

今後も、ネタを楽しみに待ってます。
投稿者:zio
コメント有難う御座います。

正直なところ、貴殿のようにこのブログを楽しみにしているという読者さんがいらっしゃるとは思っておりませんでした。好き勝手なことを書いているだけでしたので(笑)。

元々このブログはVRM4CVをネットVRM界隈に広めようとして始めたものですが、私自身既にVRMを弄ることは殆ど無くなり、惰性で書き続けていただけのものでして、私にとってはもう本来の目的や存在意義というものは消失しています。ホームページも1年近く更新しておらず、もうこの辺で区切りを付けねばならないだろうと判断しました。更新しないページをダラダラと公開しているのもみっともないですし。

若い頃の私ならばghost氏と同じくバッサリとケリを付けたでしょう(当初は同じようにしようかと思っていました)が、浅いとは言えこの界隈のユーザーとの柵もあるし、全く同じことをやるのも癪に障る(笑)。ということで、このブログだけは残しておこうと思っています。

ある時期からはTRAINZのアセットクリエイター仲間を増やすことを目的としようかとも思っていたのですが、多分VRM4CVよりもかなりハードルが高いでしょう。暫くはその目的で続けてもみましたが、やはり無理があるかな?というところで、その目標も見失いました(でもネタ的には豊富なのでコレが今後も中心にはなるでしょう)。

よって特に目的も無くダラダラと続くことになりますが、宜しければ今後もお付き合いください。更新頻度は多分落ちるでしょうが、書きたくなったら書きたいことを好き勝手に書かせてもらいます(笑)。

−−−*−−−*−−−*−−−

なおcVssの件ですが、私は新たな道を開拓することを目的とし、過去は振り返らない。と書くと格好はイイですが、要は振り返ろうにも振り返られないトサカ頭状態(記憶力がかなり弱くなってしまった)なので、細かいことはもう覚えていません。ゴメンナサイ。


P.S. 小っ恥ずかしいので「zioFAN」というハンドルネームは使わずに、貴殿の考えた貴殿なりのハンドルネームを使っていただけると有り難いところです。そうすると「貴殿」なんて堅苦しい言い回しはしないで済みますし(笑)。
投稿者:zioFAN
突然の書込みで申し訳ありません。

当ブログを楽しみにしている一般読者です。
終了かも?という事で、非常に残念です。

今年の1月にVRM4の1号を購入しましたが、
スクリプトで苦労していた所、cVssのページを発見しました。

自分のような素人でもASCセンサー等の
おかげで、一気に楽しくなり今更ですがVRM4の全号を購入してしまいました。

また、TRAINZも楽しそうだな〜と思い、
英語はまるで分かりませんが、当ブログの解説のおかげでTS2009も購入して楽しんでいます。

こんな感じで、更新を毎回楽しみにしています。たまにでも良いので、続いて頂けると嬉しいです。

P.S.
今更と怒られそうですが、cVssの「駅センサー」の使い方をなんて・・・素人でスイマセン。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ