Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
あれからもう1年半以上経ちますが、HDRの魅力は衰えませんでしたねぇ(笑)。フォトレタッチソフトにある効果の適用でも色々なことが出来ますが、HDRはそれらとはまた違った雰囲気が出せて面白いですよ。
投稿者:USO800鉄道
私の名前が登場する話のくだりですが、覚えています。この記事を読むまで具体的にどういう内容のソフトだったか、ほぼ忘れていましたが、読んで思い出しました。笑
なかなか楽しそうなソフトですね。私もいずれお試し版でやってみようと思います。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ