Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
お久しぶり。

>ソフマップまで走って建物キットをGetしてきた
若くて良いのぉ(笑)。わたしゃ総武線を使い(普段なら御茶ノ水−秋葉原間は歩くが)、エスカレーター&エレベーターを利用し、ゆっくり歩いてヨドバシカメラ版を購入してきたがフラフラじゃったよ。まぁ徹夜明けだったからだけど(苦笑)。

>スクリプト関連でも・・・(中略)・・・レイアウトも見やすくなると思うんですけど。
そうだよね。私もVRM4を始めたばかりのパッケージが足りない頃は苦労したからねぇ。その頃は熱中していたから何とか動かそうと色々やったけど、それも数回程度が我慢の限界で、それ以降は殆どのパッケージを買い揃えるまでは諦めたなぁ。

そして、この苦労はやってもあまり身にならない無駄が多い苦労と感じていたから、他ユーザーに同じ苦労はさせたくなくて「ワンパッケージ限定」、「スターターセット限定」、「アドオン記法」という方向性を重視していたけど、この足枷も面倒だったねぇ。・・・なんかもう過去の記憶になっちゃっているけど(笑)。

そろそろ今年のレイコンの結果が発表されるのだろうけど、始めたばかりの部品が圧倒的に足りないユーザーにとってはソレが「出来るだけパーツを揃えて頑張ろう」と決意するか、「もう全てを諦めてしまおう」と思うかを迫る形になっているんじゃないか?という気が何となくするんだよね。レイコンを楽しみにしている人も多いはずだから勿論その存在意義を否定はしないが、全体としての功罪については以前から少々懐疑的に思っているんだなぁ、私は。
投稿者:Caldia
こんばんは。

金曜日のお昼休みに仕事場からソフマップまで走って建物キットをGetしてきたCaldiaです。

>VRMもこんな単純なことで対応すりゃイイだけじゃねぇの?
確かにそう思います。
起動しないよりは不完全でも起動してくれた方が良いです。
レールなんかも足りないところは透明レールを敷いてくれたり、列車もデフォルト車両に置換してくれたり。
スクリプト関連でも対象オブジェクトが無くてコンパイルエラーで起動しないよりは仮想のオブジェクトを設定して「一応動く」ようにしてもらえると一応は他ユーザーのレイアウトも見やすくなると思うんですけど。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ