Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
お久しぶり。

>実物路線の再現をやっていらっしゃるんですか。
う〜ん、現実の路線を再現しているというよりは、現実の路線を参考にしてソレっぽくしているだけかな。世の中には再現すればもっと面白い配線があるのだろうけど、現実の鉄道路線についてはそんなに知らないのでね。

>どうにも経営がうまく行かない
A9は最早「鉄道会社経営ゲーム」ではないと思うんで、多分上手く行きようもないでしょ(笑)。用地買収→駅・線路配置→地価上昇→土地売却という鉄道会社らしい都市開発のスタイルが使えないんでね。株式という博打的なモノで稼ぐか、或いは資材の輸出で稼ぐかというのは鉄道会社のやるべきことじゃないし、運賃だけで勝負するのも時間が掛かり過ぎるしね(笑)。

後で書くつもりだけど、やっぱりダイヤを設定する部分が一番鉄道会社らしいし、一番ゲーム性は高そうだから、ソレを追求していくべきゲームじゃないかなぁと思っているところだよ。
投稿者:宝条みちる
…あれ、ネットサーフィンしてたら昔お世話になった方のブログに…
お久しぶりです。
おぉ、zioさんは実物路線の再現をやっていらっしゃるんですか。なるほど、そういうやり方もありましたねえ…どうにも経営がうまく行かないのでコンストラクションで遊んでいただけでしたが、こういうのもやってみましょうかねえ。
習いまして、ブログでも書いてみようかと思います。

http://ameblo.jp/hojyo-michiru/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ