Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
TRS2006・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2006 TS2009・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2009 AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
TS2010・・・・・・TRAINZ SIMULATOR 2010(音量注意) AURAN社製「TRAINZ」の旧バージョン。
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models) I.MAGIC社製。現行バージョンは、VRM5/ONLINE。
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
ghostさんが、はてなブックマークにて
「VRM2時代のプロジェクトは、その正否も含めて現時点では「わからない」と言うべきかも。」と書かれておられましたので、これも踏まえてお読みください。

私は、http://silver.ap.teacup.com/ghost/123.htmlの永鉄さんのコメントにて、
「モジュールの規格策定・分担割りなど色々決めて各々製作に入ったのですが、様々な要因が元で結局実現する事無く終わってしまったのは、残念でした。」
とありましたので、そう解釈いたしましたが。

また回覧版形式というものもあったそうですが、はてなブックマークにてas365n2さんが還らん板と表現されていること以外にはさっぱりわかりません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ