Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILWAY SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
お久しぶりです。昨日TS12をインストールして確認したところ、アセットの2バイト文字対応がContentManager&Surveyorで完了していることを確認しました。つまりTS12側で既にマルチランゲージ対応できたということでの安直な日本語版発売ということじゃないかなぁ?と思っています。後はアプリ側の文字等とデフォルトでインストールされているシナリオのブリーフィング程度を翻訳して終了〜。程度のもんじゃないかなぁと予想していますよ(笑)。

もしこんな感じなら「外側日本語、内側外国語」の「TS12日本語(笑)版」と呼んでやろうかと思っています。最低でもCCGが日本語化されなければ日本語版とは認めないつもりですし、日本のリセラーがそこまでやるとは思えないんで購入したユーザーからのクレームですぐに消滅するだろうと思いますけど・・・というか、買う人いるのかなぁ?

値段については私も同意見です。日本人ならこのぐらいの価格は当然と思っていることでしょう。ここ半年ぐらいでHR/HMの輸入版CDを2〜300枚ぐらい買っていますが、日本のCDの価格が異常に高いことに驚きましたよ。向こうじゃ数百円で新品アルバムCDを売ってて、ソフトウェアの価格に対する金銭感覚が全く違いますからねぇ。

あとRailworksの件ありがとうございます。一応そういう流れだろうと思っていたのですが、Steamが何かの常駐ソフトかサービスとぶつかってネットワークを認識できない状態で止まっていました。よって他のPCで試そうかなぁと思っていたんですが、試せそうなのがSolidWorksの入った完全業務用のPCしかなかったんで躊躇していたところでした(笑)。暫くしたらもう一台組んで試そうかなぁと思っています。
投稿者:Nozoming
こんばんわ。trs2004jpこと、Nozomingです。いまさら日本語版の発売で驚き、価格でまた驚きです。Railworks2をSteamの半額セールで購入しRWTS12に無料アップデート、Trainz12もSteamで半額セールしているのを様子見している自分としては、鉄道模型シミュレーターを参考にしているとしか思えないこの価格に、日本のユーザーがどう反応するのか、興味津々ですわ。
いまだに日本(人)は世界のATMと思われているんですかね。
ところでRailworksですが、Steamをインストールして、シリアルナンバーを登録することができれば(出来るゲームと出来ないゲームがあるようです)、それ以降はSteamを通して自動的にインストール、アップデートが出来るようになります。無料DLCのインストールに便利でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ