Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:zio
おいちゃん、こんにちは(^^)/
踏切線路が発表された時には新しく種類の豊富な踏切の登場が期待されていたのですが踏切は一切出ませんでした(^_^;) 出てないのでまだこれからという期待もあるのですが多分あそこのことだから駄目だろうなぁという気もしますね(^_^;)
投稿者:おいちゃん
Zioさん こんにちわ 踏切の部品とか動作に関しては、少し色んな踏切を観察してから部品を作ればいいのですが メーカーさんは、そこまでしないから 踏切のしゃ断棹の長さも 1種類しか用意しない。 自分は、踏切に関しては、VRM3版ですが 現場も かなり調べているので メーカーさんも もっと調べて部品を作って欲しいですね いずれにしても 踏切に興味の無い人が 部品を作ると 見た目しか考えないから 実際配置して使って見れば 一目瞭然なんですがね
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ