Rosso Laboratory

 
このブログで使用しているソフトウェアの略称について
VRM・・・・・・・・・鉄道模型シミュレーター(Virtual Railroad Models)現行バージョンは、VRM-NXとVRMONLINE。
TRS2019・・・・・TRAINZ RAILROAD SIMULATOR 2019
A9・・・・・・・・・A列車で行こう9 ARTDINK社製。

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おいちゃん
有難うございます。VRM以外のRailSimとかMMD鉄道やTrainzの車両や画像も好きで 昔(2004年)には、Trainzの画像を外国のサイトから拾ってHPで 紹介していました。見て楽しむ派なので その内 使わせて頂きます。Trainzの車両の作りも好きなんだよね VRMは、なんか他と違う作り方で メーカーさんの拘りなんでしょうかね その割に内部の作りが 簡素で 釣り合いが 取れていないような気がしていました。
投稿者:zio
おいちゃん、こんにちは(^^)/ まだJRが終わっただけで半分というところですね。これから大手私鉄・地方鉄道・地下鉄などが続きます(^^)/ 画像に関しては使っても構わないと思いますよ。私もSocimi(AlexMariaさん)に確認を取った訳ではありませんが一般公開している画像ですから。まぁ何か言われたらSocimiに謝っておきますよ(^_^;) DISCORDで連絡は出来ますので。
投稿者:おいちゃん
凄いですね Trainzは、2004年頃に 一度体験版に挑戦して 更に2018年にも挑戦しましたが英語が出来なかったので 挫折しました。こんなに日本の車両が増えていたのですか 知りませんでした。こちらの鉄道模型シミュレータ―VRMでも そうですが 年配の 素人には、難しくて手が出ませんね でも 車両の画像だけは、詳しく見たいです。この記事の画像を そのまま こちらのブログで使う事は、出来ないでしょうか
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ